お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

凸凹の多いモノはズボラには不向き

ワガヤでは台所が日頃一番ゴミが出る場所なので、台所にこういう分別できるスリム型の2段ゴミ箱を設置していた。

画像はニトリ公式サイトからお借りしました。

 

こういう形状、場所を取らなくて良い・・・んだけれども、汚れたら丸洗いするのに一大決心がいる。まるっとお風呂場に持ち込んで水洗いというのは、この大きさだと結構面倒だ。汚れを見つけたらこまめに拭き取るようにはしていたんだけど、何しろ毎日何がしかのゴミが出るのでついつい見える部分だけになってしまう。

 

10数年この形のゴミ箱を使い続け、いよいよ取れない汚れが目立ってきたのでゴミ箱を買い換えようと、本日無印へ。良品週間ありがたや~。

www.muji.com

フタとキャスターを付け終わり、小さい方と並べてみた所。普段は台所の死角に設置。

 

小さい方(20L袋用)はペットボトル、ビン、缶の分別用にしていたものを可燃ゴミ用に流用することにし、今回購入したのは大きい方。

 

大きい方を容器包装プラスチックゴミ用にすることにした。

オットが時々お弁当や惣菜を買って来るので、どうしてもプラゴミが嵩高くなってしまう。なので敢えての30L袋用の「大」。以前のスリム型だと収集日間近になるとプラゴミをぎゅうぎゅう押し込んで蓋をしていたのでそれもストレスだったし。

 

洗いやすさも大きなポイント。スリム型2段ゴミ箱と比べて小さな凸凹がほぼ無いので、アルカリ電解水でちょこちょこ拭きやすいし、丸洗いも簡単だろう。可燃ゴミの日に出すべく古い2段ゴミ箱を分解してみたら・・・隙間や普段は見えなかった空洞部分にうっすら汚れやホコリが(汗)こういう凸凹が多いモノは、ズボラには向いてないな・・・としみじみ思った次第。

 

なるべくゴミを出さない生活が理想だけど、今はこれが精一杯かな。