お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

「寂しい生活」を読んでの気づき

稲垣えみ子さんの「寂しい生活」を再読。

東日本大震災原発事故をきっかけに、個人的脱原発を実践するようになった稲垣さん。

 

そのミニマルな生活ぶりを通して、本当の豊かさって何だろう?と考えてしまう。

文体が軽妙だからスルスルと面白がって読めてしまうんだけど、「稲垣さんとおんなじ生活をしてみんしゃい」って言われたら、「イヤイヤイヤ、無理無理無理」と即答するのはワタシだけじゃないだろうw

 

この本の中で稲垣さんが「私は掃除が嫌いなんじゃなくて、掃除機が嫌いだったんだよお母さん!」と言っているのだけど、同感。この本は一貫して稲垣さんのこういった沢山の「気づき」に彩られている。読んでいて、

 

自分がこれまで当たり前だと思っていた物事や価値観を、一度棚卸しして見ることの大切さ

 

がこの本のテーマの1つなのかな、と思った(ワタシはね)。

 

家電をやめる、というのはすごくセンセーショナルでインパクトが大きいし、文体のせいで笑いながら読めてしまうんだけど、我が身に置き換えると冒頭にも書いたように稲垣さんのマネはとても出来そうにない。

 

だけどワタシ自身、動機は「個人的脱原発」な稲垣さんと違うけど(面倒くさがり屋でズボラで低バイタリティゆえの暮らしにくさ)、家電に限らずモノを減らし、暮らしを小さくしてきて、

 

家事そのものが嫌いなんじゃなくて、家事に追われるのが嫌い

 

だったと気づいた。

 

沢山のモノを減らしてきて「なんだ、ちゃんと自分で(家事を)コントロールできるじゃないの」と思えるようになった。そう、たとえそれが些末なことでも自分でちゃんと出来ている、というちょっとした充実感や達成感は幸福感に繋がる。「あれを手に入れれば生活がもっと楽になる」「これを買えば自分の時間が増える」とモノを増やしても、嬉しいのは一瞬。持っていることに慣れてきて、次から次へと物欲の虜になっていく・・・きりが無い。そんな人生はゴメンだ。

 

確かに家電は生活を便利にしてくれた。でも結局人間が使う道具なのだから、その道具をどう使いこなすかはその人次第。さらに言えばどんな道具を使うかも、道具を使うも使わないも自由なのだ。そう考えると、この日本で生活できるということは相当恵まれているということだ。だって、選べるんだから。

 

 

 

余談だけど・・・

この本の中にも紹介されている大手広告代理店電通の「電通戦略十訓」、詳しくは検索すると出てくるので興味のある方はご覧あれ。1970年代に作られたというから相当古いが、今もこの十訓は生きているなぁと感じてイヤ~な気分になった。ワタシゃ経済を回すために生きてるんじゃないぞ!!

年賀状雑感

f:id:imoyoukantan:20220101130238j:plain

この正月、ワタシの元に届いた年賀状は1通。

 

ワガヤは秋田のお米農家さんから直接お米を購入している。そのお米農家さんからの1通のみ。オットの方も、会社関係や時々ライブを観に行くミュージシャンから何通か片手で数える程度のよう。

 

昨年父が亡くなったので喪中はがきを出そうかどうかと迷ったのだけど、そもそも去年も年賀状は秋田の農家さんからの1通のみ。ということで出さず終い。父の知人や友人も大半亡くなっていて、近年は年賀状も数枚届く程度。いつも年賀状を送ってくださる方が葬儀に駆けつけてくださったのであえて出さなかった次第。

 

そんな感じで年賀状とも無縁なのだけど。

 

そもそもは、長年パートとは言え小売業で働いてきて、12月は年末年始商戦でクタクタになって帰宅する日々。大掃除も年賀状も「やめざるを得なかった」。

 

これが結果的に良かった。

  • 年賀状書かなきゃ・・・という謎の義務感
  • どんなデザインにするか、誰に出すか、印刷するか自力で書くかの計画
  • 誤字脱字の無いようチェックする作業
  • クリスマスあたりまでに投函しないと元日配達されない・・・という焦燥感
  • 想定外の方から賀状を頂いてお返事書かなきゃ~というプレッシャー

から解き放たれた。

 

あと、個人的には職場関係の人からの年賀状が億劫だったなぁ。「どうせ2~3日後に会うのに」とモヤッとするので、いつしか職場の人にくわしい住所を教えるのをやめた。

 

こうなるまでに割と努力はした。

最初のうち数年は、年賀状は「くれた人にはお返事書きます」というのを基本姿勢にした。「年賀状ありがとう」「こちらこそ今年もよろしく」と近況報告。親戚には電話ですることもあったかな。言える相手には「年末年始は慌ただしくて年賀状出せないんだ、ごめんね」と率直に言ったこともあった。すると大体は「あの人は年賀状出さない人」と認識してくれる。

 

で、段々とフェードアウトしていった感じ。

学生時代の友人、子供の学校のPTAのお付き合いとか、ママ友とか職場で仲良くなった人でも、年賀状はいつしかメールになり、LINEになり、それすらもなくなった。結局そうなるよね。女性同士は、ライフステージが変わると疎遠になりがちだから。

 

年に1度思い出したように、義務感から味気ない印刷の年賀状を出すよりも、つながっておきたい人には折々で連絡を取るようにする方が自分には合っている気がする。まぁ、交友関係が極小な内向型人間だからこそ出来ることなのかもしれないな・・・。

雪の休日・自分を温める

f:id:imoyoukantan:20201208210855j:plain

 

今日は休みで家にいるんだけど・・・

 

雪降ってきた!!

 

道理で寒いわけだ。

ここの所ずっと晴天で乾燥してたから多少は湿度が上がる・・・かな?

洗濯物を部屋干ししてエアコンの近くに干しているけども。

いずれにしろ積雪がないことを祈る・・・!!

 

というわけで、本日は籠城決定。午後はクリームシチューと大根ツナサラダを仕込んで、和裁教室の宿題をしてのんびり過ごす予定。

 

家に1人の時はなるべく光熱費を節約しようと思いつつ、結局エアコン弱めにかけてしまっている。プラス電気ひざ掛けで日頃の寒さは何とかしのげている。

 

が、今日は洋服重ね着とレギパンの下にウール混タイツ、靴下用使い捨てカイロとミニ湯たんぽで、部屋の温めを少な目に自分をしっかり温める作戦。それでもダメなら首にストールだな。まぁ、裏起毛のタートルネックカットソーのお陰でストールは要らないかな。

 

おやつは昨日買ったスティックチーズケーキとシナモンとおろし生姜をたっぷり入れたあま~いミルクティの予定。舞い散る雪を眺めつつ食す(太るぞ)。

 

そんなわけで皆様暖かくしてお過ごしください。。

パジャマの襟がボロくなったので繕ってみた

f:id:imoyoukantan:20220104154251j:plain



3~4年前に寝巻用に買った無印のネルのロングのスリーパー(っていう名称だったような気がする)。

 

去年の秋の始め「丈が長すぎるから切ってしまえ」と、お尻がギリで隠れる丈にカット(勿論裾の始末はちゃんとした)。以降はルームパンツと組み合わせてパジャマに。

 

そして年末。

襟が擦り切れているのを発見。

 

しばらくは「寝る時だけしか着ないから、まぁいっか」と放置。ズボラー必殺技「見て見ぬ振り」を発動させていたのだけど、洗濯のたびに擦り切れが拡大。

f:id:imoyoukantan:20220104141148j:plain

 

これまでなら、「もはやこれまで」とウェスにしてしまっていたが・・・ネル生地がクッタリして着心地が良く手放すのが惜しい。例によって1組のパジャマを洗濯しながらひたすら着続ける着たきりスズメ状態になっていたので、新しいパジャマを購入。暑くなるまでは旧パジャマと交互に着ることにした。1組しかないと、洗濯などで布地が痛むのが早くなるし。

 

しかしこの襟・・・さすがにこのままでは気分が落ちる、ということで繕うことにした。

 

繕うと言うか、襟を外しただけとも言う。

f:id:imoyoukantan:20220104141152j:plain


ミシン糸をプチプチと切り、こまめに糸くずを取り除きながら少しづつ襟を外していく。根気のいる作業だが、去年浴衣を解いた時にも背縫いがミシン縫いだったので経験済み。背縫いほど縫い目が長くないので割とすぐに終わった。

 

imoyoukantan.hatenablog.com

 

襟を挟み込んでいた部分を縫い閉じて完成。スタンドカラーのパジャマに再生(?)した。よくよく見ると、襟を挟み込んでいた部分にも擦り切れはあるのだけど、目立つほどではないので今回はスルー。

 

これまでは「劣化したら手放す」で、非常に気軽にウェスにしたり、自治体のファイバーリサイクルに出したり、寄付したりしてきたんだけど・・・

 

ちょっと手元で一手間かければ、まだ着れたりするし、わざわざファイバーリサイクルの集積所に持参したり、寄付するために梱包したり送ったり・・・ということをしなくても済む、というごくごく当たり前のことに気がついた。

 

自分の手の届く範囲内でできるだけいいもの、気に入ったものを買うようにして大事に繕いながら着ていくのもなかなか悪くないな、と思った正月4日の昼下がり。

やって来た、2022年

f:id:imoyoukantan:20220101130238j:plain

あけましておめでとうございます。

本年も拙ブログをどうぞよろしくおねがいします!

 

さて昨日。年越しそばを食べて、久々にテレビつけてEテレクラシック音楽の番組をしばし鑑賞し、疲労と睡魔に負けてカウントダウンの時間まで起きていられず爆睡。で、朝起きたらにゃんこメシ(味噌汁かけご飯)・・・という平常運転っぷりw でも温まるんだよ~!

 

今年の目標とか抱負なんていう御大層なもんはアリマセン。強いて言うなら、

「快食・快眠・快便」(←オイ!!)

 

あ、3つ目がちょっとお下品なので言い換えると、

 

カイウン

 

かな、と。開運と快ウン(また言ってる・・・)ということで。ああ、しょーもないことを言うてしもうた。いもようかん、そんだけ腸が不調なのね不憫なヤツ・・・と思われそう。まぁ、健康第一ということで。

 

さて。今年やりたい事、やろうと決めている事を書き留めていく。どれだけ出来るかわからないけど。

 

和裁教室の制作、半着、長着を完成させる

長着の完成は努力目標。自分の飲み込みと上達次第。

 

手持ちの浴衣2枚をアッパッパに改造

「京都きものTV」というYouTubeチャンネルの去年の夏頃の動画で見た夏向け簡易普段着着物。夏の部屋着兼寝巻にしたい!


www.youtube.com

 

 

青春18きっぷで小旅行

春か夏に。2泊程度で考え中。

5日分使うのは難しいので、金券ショップで2~3日分残ってるきっぷを買おうかな。

場所は関東甲信越の行ってみたい場所。

 

寝台特急サンライズ」に乗ってみたい

日本唯一の定期寝台特急サンライズ瀬戸、出雲。定期寝台特急が次々と役目を終えていく中、サンライズも運行開始から既に20年以上経過。無くなる前に1度は乗ってみたい寝台特急

 

神社仏閣への参拝

月に1度、ご近所の小さい神社やお寺さんに。行ければご縁ある大きな神社仏閣に。自分が今あることへの感謝を。

 

お出かけ関係はコロナの状況と自分の健康次第だけど、たまには全く違う景色を眺めてみたいんよ・・・(切実)お出かけと、神社仏閣への参拝を組み合わせて、ちょっと遠くの名刹とか大きめの神社なども行ってみたいなぁ。

 

というわけで、今年は元気に楽しく過ごしたい!

皆様にとっても良い1年になりますように!!

2021年もありがとうございました!

f:id:imoyoukantan:20211231175823j:plain

本年最後の勤務を終えて、これからゆっくり迎える年の瀬。

と言ってもオットは学生時代の友達とライブ観に行く!とかで不在。ムスメも帰ってこないぼっちの大晦日

 

本日は惣菜部門のお手伝いで早朝出勤。今、用事を済ませてざっと掃除洗濯済ませて休憩中。さぁ、一息ついたら浴槽洗ってカンタンにお蕎麦を作って食べようかという所。クタクタだけどもうひと頑張り!!元旦のんびり過ごすぞぉぉぉ!

 

そんなわけで2021年も拙ブログを読んでくださりありがとうございました。

グダグダと思ったことを書き連ねているだけの内容に、コメント欄やブクマコメントで温かいお言葉を下さって、ぼっち主婦ですが独りじゃないんだな!といつも勇気づけられています。

 

ブロガーの皆様、来年も皆様のブログに訪れたいと思っています。いろんな思い、考え方に出会えて、いつも楽しませていただいています。ブロガーじゃない方、ワタシの拙い記事が多少なりとも役に立ったり気分転換にでもなっていたら嬉しいです。

 

2022年、皆様にとって良い年になりますように!

電子書籍と紙の本の使い分け

f:id:imoyoukantan:20190927083942j:plain

本は紙派である、本来は。

 

パラパラとページをめくり読み進めるのが好きだし、本によって使用している紙の質感が違うので、その感触を楽しんでいるところもある。

 

だがいかんせん、本は増えると場所を取る。

 

というわけで電子書籍リーダーKindleを購入したのが2年前。

Kindleアプリでiphoneでも読めるんだけど、画面ちっちゃいんであまり使ってない)

f:id:imoyoukantan:20191209131517j:plain

 

現在は紙の本3割とKindle3割ぐらいで、使い分けをしている。

 

 

紙の本(購入)

年に2~3度チェックして、役目を終えた本はブックオフへ持参。手元に残す本は10冊までと決めている。ブックオフで購入したりもする。

 

図書館の本

  • 読んでみたい本
  • 館内で見つけた面白そうな本
  • 既読の本で再読したくなった本

かなり古い本でも館内の検索PCで検索できるし、専門性が高い本も置いてあるのが楽しい。ジャンル分けが明確だから探しやすいし。

 

電子書籍

  • 電子書籍化されている読み返し頻度の高い本
  • 読んでみたいけど図書館の予約人数が多くて、回ってくるのが当分先な人気作

出かけることなく読みたい本にアクセスできる手軽さはやはり魅力。

こちらも年に2~3度チェックして、再読しなさそうならデータ消去。

 

KindleUnlimitedは使わないの?

一時は使っていたけど解約した。手軽なのはいいんだけど、沢山ダウンロードしても結局読んだこと忘れがちになるし。

本を探すのも、図書館や書店をウロウロ・・・の方が馴染んでるし楽しんでいる。

 

 

 

小説はほぼ読まない(ちょっと読んでみたいな、という本は結構あるんだけど優先順位が低い)ので、ワタシの場合真の本好きからは外れているんだろう。でも、本は格安で未知の世界に連れて行ってくれるステキな友。

 

今すぐに紙の本が廃れていくことはないのだろうけど、正直書店に行っても最近は「即行お持ち帰りして読みふけりたい」という本に出会う確率が下がっているのが寂しい所・・・。