お気楽ミニマルライフ

意識が低いオバハンの簡素な暮らし・与太話多め

スーパーのオバハンからオサラバに向けて

前記事で「明日から9月」みたいなことを書いたが、それから既に1周間がたった。やれやれ。

 

今の店に勤めるようになって丸4年過ぎた。

ブログでも去年あたりはもう辞めるみたいなことをさんざん書いたし、家族にも辞めると宣言してたのに、結局辞めずに続けてきた。辞める詐欺やな~w

 

で、この所、体に異常はないものの心身が不調。何をしても楽しめない。

書きたいことはあるからブログを書き始めるんだけどそれも形にならない。

休みの日は家事はするけど、他に何かやりたくても気力がなくて出来ず、結局1日ゴロゴロして終わった・・・みたいな日々。ひたすら動画見てたり本を読んだり。

 

夏バテを疑ったけど、それは引き金に過ぎず、結局はストレスだと判断した。

 

ストレスの原因は仕事だ。それ以外に要因がない。

ずっとモヤモヤしてたんだけど、思考停止して勤め続ける方がラクではある。お金の心配しないで済むし、転職活動もする必要ないし、専業主婦になってついついだらけた生活をして罪悪感を抱くこともない。

 

けれどモヤモヤがつのってストレスの原因になって心身不調になってるわけだから、どうにかしないとならない。既に何にモヤモヤしてるのかさえわからなくなってきたので、気持ちを整理するべく、思っていることを紙に書くことにした。

 

いやぁ~、書いてみて自分でもびっくりしたんだけどB5の紙3枚、裏表にビッシリなぐり書きしたけどまだ足りない。

 

モヤモヤの大半は、自力ではどうにもならないことばかりだった。

と言うか、最初からミスマッチだったのだなぁと思う。

 

そもそも食品売り場で品出しとか作業する方を希望していた。実際食品売り場の募集を見て応募したわけだし。レジは食品レジの人が専従でやるし、接客と言ってもお客さんの捜し物の手伝いが殆どだ。しかし採用されたのは衣料品の売り場だった。

 

当時ムスメが大学進学する時期でお金が必要だったから、採用してくれたならもうどこでもいい、と働き始めた。が、もう学費の返済は本人も働き始めて返済しているので負担はかなり減っている。

 

ならばもう、ミスマッチな仕事で頑張る必要もなかろう、と気がついた。

 

働くこと自体は嫌いではないけど、「仕事にやりがいが云々・・・」というタイプでもない。自分のペースを出来るだけ保てる環境で程よく働きたい。かと言って家で1人で在宅ワークが出来るタイプでもない。パッと外に出てサクッと短時間働いて、残りは自由に過ごすのが一番合ってると思う。

 

実は1箇所良いなと思う仕事を見つけて、ダメ元で応募してみた。

自分の気持ちもある程度整理できたので上司に辞める旨伝えることにした。