お気楽ミニマルライフ

意識が低いオバハンの簡素な暮らし

今更アルカリ電解水の良さに気づく

f:id:imoyoukantan:20220323213948j:plain

スプレーボトルとウェス

 

昨日。

 

洗濯物を干したら図書館にでも行ってこようと思って準備していたのだけど、予定変更。中掃除の日になった(大掃除と言うほどではない)。

 

台所のシーリング照明のカバーの汚れが気になったので、ちょっと拭くつもり・・・があちこちに波及して中掃除になった次第。

 

照明だけでなく、普段目が行き届かない高い場所の汚れやホコリが結構あって「これはイカン!」とせっせと拭きまくった。

 

最初はウタマロクリーナーを使おうとしたのだけど、ちょっと1箇所拭くだけのつもりだったから、手抜きでアルカリ電解水で済ませることに。そうしたら・・・

 

アルカリ電解水ってすごい。

台所の近くなので、ホコリが油汚れと一緒になった汚れ。それが面白いようにスルスル取れていくので調子に乗って他の気になってた場所も電解水スプレー片手に拭きまくった。気がついたら古いペラペラタオル3枚を汚しまくった!いや、どんだけ汚いの・・・(呆)

 

2度拭きしなくていいのがとにかくラク

これまでも台所のガスコンロ周りの掃除用とトイレ掃除(便器以外の場所の拭き掃除)に電解水を使ってたんだけど、家の中の大体の汚れはこれで落ちるんでないかい?何というか・・・

 

もうこれさえあればいいんじゃないか?!

 

って思った。

 

アルカリ電解水、という名前の通り、水に電気を通すと酸性とアルカリ性に分かれる性質を生かして、PH12~13になった強アルカリ性の水なんである。家の中のおおよその汚れは酸性なので、中和させて汚れを落とすということだ。しかも強アルカリ性なので、除菌効果もあるのだ。このご時世にうってつけの洗浄剤ではないか。

 

とはいえ調べてみると不得手な汚れもあるし、使ってはいけない場所もある。

水垢などは酸性の洗剤でないと落とせないし、焦げ付きなどは物理攻撃しないとダメ。

貴金属やガラス、液晶ディスプレイ、無垢材の床や家具、皮革製品や表面コーティングされているもの(漆とかニス)は強アルカリに弱いので電解水は使えないとの事。

 

それを差し引いてもとっても使い勝手がいい。

そんなわけでウタマロクリーナーはお風呂場専任に異動していただこう。