お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

オリンピックが始まるね

一部競技も既に始まっているけれど、いよいよ始まるオリンピック。

 

本当に「紆余曲折」という言葉でしか言い表せないほど、色んなトラブルが噴出したけど、どうにかこうにかここまでこぎ着けた。

 

せっかくだしオリンピック、少し見てみようかという気になり、昨夜は久しぶりにテレビのプラグを差し込んで動作確認。丁度サッカーの予選日本対南アフリカの後半も終わりに差し掛かって、1点キープ出来るかの攻防の場面。試合終了まで見入ってしまった。やはり無観客、選手の声や審判の笛の音、ベンチから飛ぶ声だけが響く様子が最初はすごく不思議だった。

 

でも、これもまたアリなんじゃないかと思った。

 

勿論満場の大歓声や鳴り物の音、時折飛ぶブーイングなどもスポーツ観戦の醍醐味で、それがないというのはスポーツ好きな人にとっては味気ないものなのかもしれない。選手もまた、観客の歓声でやる気がみなぎったりする人もいるのだろうから、やりにくいと思うのかもしれない。だけど静けさの中プレーに集中している選手たちを見てて、「どんな環境であろうと力を発揮するために、地道に練習を繰り返してきたんだろうなー!!」と思った。オリンピック、本質からずれた部分が大きくなりすぎてしまっているんではないかなぁ?

 

酷暑の中で体調管理が難しいだろうけど、オリンピックに向けて地道に練習を積み重ねてきた選手の皆さんが力を発揮できるといいな。今回の大会をきっかけにオリンピックの有り様も変わっていけばいいと思う。(シロウトの浅はかな考えだけど、真夏にやらんでもええやんって思ったり、1都市で開催じゃなくてもいいんじゃないって思ったりする)