お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

ふんどしパンツを縫ってみた

ふんどしパンツ。

 

知ってる人は知ってるし、知らない人は「何なんソレ?」というアイテム。

今日はそのふんどしパンツをチクチク縫っていた(外は大雨だったしね)。

完成直後がコレ(未着用)

f:id:imoyoukantan:20210701162546j:plain

 

紐部分はゆるめにフィットするようにゴムを入れてあるけど、要はただの布だ。着け方は普通のショーツを履くのとまったく同じ。

f:id:imoyoukantan:20210701162552j:plain

履くとこんな感じになる。

アップ自粛。縫い目ガタガタ。

 

普通のショーツとの違いは、一切締め付けがないこと。大事な部分だけゆるふわに覆うのみ。特に鼠径部を締め付けない。大きな血管が通っている鼠径部を締め付けないので、血行改善が期待できる・・・らしい。とにかく、解放感があるのは間違いない。

 

ダブルガーゼで作ったので肌触りも優しく、ムレない。

 

あと、着物着用時はふんどしパンツの方がおトイレの時の着脱がスムーズである。普通のショーツだと腰紐を若干気にしながらの着脱になるので。着物を着慣れてる人は和装用のショーツとか、浅履きタイプのショーツを愛用している人が多いらしいが。ふんどしパンツもヒップハングタイプになるので、腰紐の位置に干渉しない。3ヶ月ほど着物を着ていなかったが、浴衣の季節になったので浴衣復活。で、ふんどしパンツを作ろうと思いついたわけだ。

 

実は数年前にふんどしパンツを作るワークショップで教わって、1枚作って使ったことがあった。かなり快適で、何枚か追加で作ろうとしたのだが、実際作ったのが4年後だったという・・・。裁縫超絶苦手ということで察していただければ。

 

生地の水通しと乾燥の時間は別にして、作業時間3時間・・・(裁縫苦手ということで以下略)。さすがに疲れた。

 

今回購入したダブルガーゼの端切れ?で、あともう1枚作れるので、土曜日再びチャレンジ。その次に作るものは、ボディ部分はゆるふわなダブルガーゼでいいけれど、ゴムを通す紐部分は別のもっとパリッとした生地のほうが縫いやすいかもしれないなぁ、と思っている。

 

ワタシが作成したのは一番簡単で、一番ふんどし然としたタイプ。ネットで検索すれば、もっとオシャレなショーツ的見た目のふんどしパンツも売っているし、縫える人にはそういうタイプの型紙もある。お休みの日や寝る時用のリラックスしたいシーン限定なら、普段のファッションがパンツスタイルの人でも取り入れやすいと思う。

 

効果効能云々より(冷えにいいとかリンパの流れが良くなるとか言われているけど)、締め付けない、ムレないという解放感がやっぱりいいなぁ。