お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

着物を着始めて1年経過

f:id:imoyoukantan:20210331085831j:plain

地味なオバハンが地味な日常にちょっとの彩りが欲しくて始めた着物。

もともと着物に興味と憧れがあったし時間も出来たことだしいっちょやってみよ!と、意気揚々と始めたが・・・

 

今、停滞期(大袈裟)。

 

リサイクルで買ったり人からもらったりと手元に集まった着物がどうもしっくりこなくて、段々着なくなってしまった。着物を着たい気持ちはあるのに。(「沢山服はあるのに着るもんがなーい!」っていうよくあるアレ)

 

それで一旦リセットするべく、「これは着ないであろう」という着物をボランティア団体に寄付してしまった。

 

手放した殆どの着物と帯、朱色とかコックリしたオレンジ色か茶色系ばっかりなことに驚いた。どうにも似合わないものばかり買ったりもらったりしてるのはどういうわけだろう・・・?洋服だと黒や紺が多いから反動なのか・・・?とにかく冷静に着た姿を鏡で見ると、モッサリ感倍増!!!なのだ。地味な日常にちょっとした彩りを・・・なのにこれじゃあ意味がない。

 

オシャレに興味が薄く、センスというものをまったく磨いてこないで生きてきたツケを今払っているような、ガックリした気分である・・・。色選び、大事だね。

 

遅ればせながら、ネットでパーソナルカラー診断の自己診断をやってみたら、どうも自分はブルーベースというやつだったみたいだった(サマーかウィンターかはイマイチ判別できなかった)。調子に乗って顔タイプ診断とか骨格診断とかもやってみた。骨格診断はストレートタイプとウェーブタイプのどちらかわからずでプロに診断してもらうほうが確かだろうが、顔はフレッシュタイプというやつだった。ふ、ふれっしゅ・・・。

 

要するに、己を知らなかったということだ。うむ・・・。

 

ともかく持ち数がガクッと減ったのと、手元に残したものが浴衣とか薄手のしじら織りが殆どで、もっぱらウールらしき1枚の着物をお家着物として週1~2ぐらいで着ていたのだが、暖かくなったので洗って片付けてしまった。家の中だけで着るにしても浴衣はまだちょっとなぁ・・・。

 

まぁ、焦らずゆっくり「着ててゴキゲンになれる」1枚を探そう。

っていうか、「これいいな!」がいっぱいあって困っているんだけど。