お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

着物の帯結びの定番はお太鼓だけど【自分用メモと雑感】

着物の帯結びの定番、お太鼓。

カジュアルなら名古屋帯で一重太鼓

フォーマルなら袋帯で二重太鼓

というセオリーがあるようだが。

 

「お太鼓って、ランドセル背負ってるみたい」ってヒドイ事思っちゃっている時点でもうアカン、って感じなんだけど、半幅帯だとカジュアルすぎてしまう場面もありそうだし、下半身デブでお尻がでかいのでカモフラージュしたいという気持ちもある。一応練習しとくか、と名古屋帯買ってお太鼓練習始めてみた。

(注:普段からお太鼓でビシッとキメてらっしゃる方やフォーマルを貶めたり否定する意図はありませんが、お気を悪くされたら申し訳ありません。あくまでワタシ個人の感想に過ぎないのであしからず)

 

・・・が、そもそもランドセル云々とけしからん事思ってる時点で既に練習に力が入るはずもなく。動画を何度も一時停止しながら練習しても一向にきれいに仕上がらない。どんだけ不器用なんだ。後ろで結ぶやり方、前結び、先にお太鼓の形を作っておいて巻きつけていくやり方などやってはみたものの、一番ラクにマトモな仕上がりになったのはこの動画の結び方。


名古屋帯で結ぶ天地逆さの「引っ張り太鼓」の結び方!腰紐いらず、きれいに結べる、超簡単なお太鼓結び。

 

この結び方は半幅帯でカルタ結びが出来る人なら誰でも出来、再現性が高い。仮紐も使わない手軽さ。そのかわり、使える帯が「全通(総柄)でなおかつ表裏が同柄」に限定される。刺繍が施された帯なんかも不向きだそう。博多織の献上柄の名古屋帯を中古で買ったんだけど、この結び方にうってつけだったので、タンスの肥やしにしないで済みそう。

 

帯枕の要らない結び方もあった。お太鼓じゃないけど。


引き抜き結び かんたんバージョン

 

えー!

これでいいじゃないか、というか、お太鼓よりこっちのが好き。

帯枕要らないっていうのが良いし、何なら帯揚げのようなテロン感のある扱いづらい布じゃなくて、オシャレ腰紐みたいなの使っても良さ気。

 

普段着だし、着物=お太鼓という固定観念も要らないな。帯枕と一緒に手放そうっと。