お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

ソネングラスの光を読書灯に

ソネングラスというソーラーランタンを手に入れた。

普段は就寝前の読書灯に、非常用の灯りとしても。

何より、いかにも「照明器具です」という主張のない佇まいが気に入って。

オットに読書灯を仕事部屋に持って行かれてしまったので、迷ったけど思い切って買うことにした。

f:id:imoyoukantan:20201106203130j:plain

こんな感じのグラスです

ご覧のとおり、小ぶりな250mlサイズのメイソンジャーの瓶。

天気のいい日は日光に当てて充電して、曇天や悪天候時はmicro USBでも充電ができるのだそう。

蓋の上側がソーラーパネルに、蓋の裏側にLEDライトが3つついている。満充電で最長12時間点灯することが出来る。

f:id:imoyoukantan:20201106203124j:plain

グラス越しの光っていいな。

遠く、南アフリカで手作りで生産されているんだそうだ。

失業率が高く、70人の男女の雇用を生み出すために作られたとの事。

 

f:id:imoyoukantan:20201106203139j:plain

製作者手書きのサイン入りカードが入っていた

瓶なので、おのずと防水仕様。だからお風呂に持っていっても良さそうだし、持ち手付きだから吊り下げて使ったり、持ち運びも出来る。ソーラーランタンなので当然なんだけど、プラグやコードがないのも地味に嬉しい(というかワタシは最初からコードのが邪魔くさくて、アウトドア用ランタンを読書灯代わりにしようとしていた)。LEDライトだから熱くなるわけでもない。カラス瓶なので割れないよう取り扱いに注意が必要なぐらいだ。

 

瓶の中にドライフラワーなどを入れた写真を見たらとても素敵だった。

季節によっては海辺で拾ったきれいな貝殻とか入れたり、紅葉した葉っぱをハラハラと入れてみたり・・・など、何を入れるかも楽しみになりそう。

 

ワタシが買ったのは250mlサイズだけど、1000mlサイズもある。そちらは蓋裏のLEDライトは4個ついているそうだ。

 

夜寝る前まで煌々とシーリングライト照明で部屋全体を明るくしているんだけど、これからはソネングラスで自分の周りだけ照らせばいいかな。生活感いっぱいの部屋だけど、何となくそれすらも味になりそうな光だ。

 

https://sonnenglas.jp/