お気楽ミニマルライフ

意識が低いオバハンの簡素な暮らし

王様達のヒドイあだ名

最近世界史関連のゆっくり解説動画ばっかり見てるんだけど、ヨーロッパの王様や諸侯たちには妙なあだ名がついていることが多い。

 

カッコいいのだとイギリスの獅子心王リチャードとか。太陽王ルイ14世とかは有名どころ。他にも端麗王とか美男王とか。

 

ひどいのだと失地王とか肥満王とか禿頭王とか。失地王はともかく、人の身体特徴あげつらったあだ名はいかんよー・・・と言いつつ面白がっているワタシ。

 

特に中世の頃の何ともいえない味わいのタッチの絵が余計に面白さに拍車をかけてる気がする。

f:id:imoyoukantan:20200923075246j:plain

失地王(イングランド)・・・この左手何なんだ

ちなみにこのジョン失地王の名前の由来はというと。

ジョンはヘンリー2世と王妃アリエノールとの間に生まれた末子。ヘンリー2世がジョン以外の3人の兄弟たちに領土の分配をするんだけど、ジョンは当時まだ幼かったため分与をされず、父王が「John The Lackland(領地の無いやつ)」と憐れんだことなんだそうだ。後年実際に領土を失ってしまったんだけど。

 世界史の授業で習った「マグナカルタ」は彼の存在なしには出来なかったので、ある意味現在のイギリスを形作る上で非常に重要な人物・・・なんだけど、イギリスでは「最悪のイギリス人ランキング」に上位入賞(?)してしまうぐらいの嫌われっぷりらしい。失地王の後にジョン〇世という王様が出てないのも、彼のせいでジョンという名前が不人気だから。 

 

現在無線通信規格としてガジェットオンチのワタシでも知ってるBluetoothの名前の由来も王様のあだ名が由来だということを初めて知った。デンマーク王のハーラル1世は、死んで青黒くなってしまった歯があったので「青歯王」とあだ名された。彼がデンマークノルウェーを無血統合したことにちなんで、開発時のコードネームとしてつけられ、そのまま現在も使われているのだそうだ。Bluetoothのロゴも、ハーラル王のルーン文字イニシャルを組み合わせたもの。へぇぇー!

 

それにしてもハーラル1世は2つの国を無血統合させたんだから、もうちょっとカッコいいあだ名をつけてあげればいいのにねぇ。

 

それにしても、西洋人の名前は割りと似たようなのが多い上、子々孫々同じ名前をつけるパターンも多いみたいで、だから色んなあだ名をつけて区別していたようだ。ちょっと興味を持ったので、こんな本を図書館で借りてきて今読んでるのだが・・・ヨーロッパは色んな王朝が現れては滅んでいるみたいで、知識がないまま読んでるから難しいーー!(と思ったら研究者の方が書いている本だった)

 

巻末にあだ名が付いた王、王族300人の生きた年代とあだ名の由来エピソードが載っているので、そこを読むだけでも面白い。