お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

【定番化】疲れやすい人は選択肢の幅をあえて狭めるのがいいと思う

f:id:imoyoukantan:20200815223455j:plain

一昔前までは、多くの選択肢から選べることが良いとされていたような気がするし、自分自身もそう思っていた。

 

けれど、沢山の選択肢があると、却ってよろしくない・・・というのは既に有名な話になっていると思う。

 

24種類のジャムを置いたテーブルと6種類のジャムを並べたテーブルを準備して、それぞれジャムの試食販売を行うとどうなるか、という有名な実験では、『24種類のジャムの試食販売での売り上げは試食した人の3%が購入、6種類のジャムの試食販売での売り上げは試食した人の30%の人が購入に至った』という結果だった。

 

24種類のジャムの方は、「こんなに沢山の種類から選べるなんて、楽しそう!」とお客さんの目を引く反面「多過ぎて、どれを選んだらいいかわからない・・・」となってしまった。さらに、多くの選択肢があり過ぎる中からやっと選んだものも、その判断が正しかったのかと気になってしまい、満足度が下がる・・・とも。

 

シーナ・アイエンガー教授のジャムの実験だったっけ。

 

 

うん、わかるなぁ。

 

どんな人間も毎日選択や判断の連続で生きている。

今日は何食べよう

何を着ていこうか

から、職業や結婚相手まで・・・。

 

以前ムスメから「マッマが買い物行くとなかなか帰ってこない」と言われたことがある。ワタシはスーパーの大量な商品の数々で迷いが出てきてしまい、判断に時間が掛かっていたのだ。ムダにウロウロするので、やっと買い物を済ませて帰ってくるともうヘロヘロ。(一方ムスメの買い方は、ろくに値段も見もせず比較する事もせず、必要なものをおもむろに買い物カゴに投入するという男前ッぷり。羨ましい)

 

そうなのだ。

選択すること判断や決断することは予想以上にエネルギーを使うのだ。選択肢や判断材料が多ければ多いほど、色々なことを考えてしまう。

 

ワタシが着物を着たいと思うようになったのも、洋服という衣類の形の選択肢の多さが面倒この上なかったというのも理由の1つだし、食生活を一汁一菜+αの和定食中心にしたのも、これまたメニューを決めることと食料品の買出しが苦痛だったからだ。

 

そんなわけで、疲れやすい人、優柔不断な人にはモノを減らして、生活にまつわるモノは極力定番化をして選択肢を狭めることをおススメしたい。そもそも「選ぶのが楽しくて時間を忘れてしまう」ようなものが本当に好きなものだ。そういう物事に注力する為にも、どうでもいいことまであーでもないこーでもないと迷うような時間とエネルギーの無駄遣いは止めた方がいい。

 

個人的には三択が好きだw