お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

きものリサイクルのお店初体験

f:id:imoyoukantan:20200311080129j:image

f:id:imoyoukantan:20200311080240j:image

f:id:imoyoukantan:20200311080146j:image

先日、きものリサイクルのお店に行って一揃え購入した。上の写真のアイテム8点で1万円也。(雨の日ご来店割引で20%オフ、カード払いで5パーセント還元なのでかなり安上がりに揃ったと思う!)

  • 着物(ポリエステルの小紋、袷)
  • 長襦袢(ポリエステル)
  • 半幅帯2本(お店の人は「多分正絹」と言ってた。両方リバーシブルで両面使える)
  • 伊達締め(正絹)
  • 帯板
  • 半襟(コレは新品)
  • 足袋(コレも新品)

 

自慢じゃないが着物には縁がない。実際着物を着たのは2度の七五三の晴れ着、小学校2年の正月は祖母が仕立てたウールの着物、20代半ばのお正月のとあるイベント。振袖着て参加する予定だった友人から「つわりでムリ~!私のを貸すから代わりに着てイベントに出て~!」と頼まれて助っ人として着た4回だけだ。全部着せてもらったので自分で着れない。

 

着物への憧れがずっと以前からあった。いつかは着てみたい。でも周りに着物を着れる人はおらず、着付け教室に行く時間やお金も無い、ましてや着物って高そう。実家にはボロボロで着てもテンション下がるような感じの物しかなかったし。

 

・・・で、長らく諦めていた着物を、ムスメの大学卒業を機に練習する事にした。今は便利だ。検索すれば着付けのやり方動画が出てくるし、呉服屋さんのネットショップもあれば近辺のリサイクル着物の店も探し当てる事が瞬時に出来る。ありがたいことだ。

 

あいにくの雨模様だったので他の来店客もおらず、店員さんは気さくに時間を掛けて接客してくれた。自分で着物が着れるように練習を始めようと思っていること、とは言え着物関連の物を一切持っていないこと、だけど予算があまり無いので最低限着物と帯さえあればいいし、練習用だから多少難があっても構わない・・・と言う旨を伝えた。すると・・・

 

「そういうお客さんが来てくださるとすごく嬉しい!!」

 

「難ありでもいいとおっしゃったけど、着れるようになったら着物着て外出したくなるから、せっかくだしちゃんと着て出かけられるぐらいのものを探しましょう!」

 

「着物は、特にリサイクルは必ずご試着して下さいね。やっぱり着てみないとサイズ感がわからないですから、どんどんお好きな色柄を出してくださいね!」

 

と言ってくれたのでいくつかピックアップした。それらを次々に着せてもらって気づいたらお店に2時間半も居たと言う・・・。

 

このブログにも何度も書いているのだけど、ワタシはファッション音痴で洋服に興味が無く、なかばやっつけ仕事的にシーズンごとに2~3パターンの「制服」をとっかえひっかえ着ているような状態だ。そんなワタシだけど着物は選ぶのが本当に楽しい。洋服だと、形の選択肢が多過ぎる。色柄や上下のバランス、袖の形状、丈などが色々あるし流行り廃りもめまぐるしい。実に複雑だ。けれど着物は長着を巻きつけて帯を結ぶ、という基本形1つで流行り廃りもほぼ無いと言っていいだろう。

 

そんなわけで、一式購入したその日から毎日練習している。「毎日1回着て、まずは着物の扱いに慣れる」のが当面の目標。着付け動画見ながら約30分でどうにか完成するというのがスタート後3日目のレベルである。襟は衣紋が抜けておらずビシッと決まらないし、裾も裾すぼまりにならないんだけど、一応着物姿にはなる・・・という段階だ。

 

そのうちもうちょっとちゃんと決まるようになってきたら、まずは近所のスーパーにでも行ってみようと思う。