お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

ボクシングはストレス解消に効果抜群だった

f:id:imoyoukantan:20191224143628j:plain

昨年の1月からオットの勧めでボクシングジムに通っている。

週1で、ボクシングの基本をやりつつシェイプアップや体力づくりを目指す「女性クラス」というのに通っている。

 

7~8ヶ月ほどは腰が重くて休み休み通っていたんだけど、この頃はキッチリ毎週通うルーティンが出来てきた。

 

・・・というのも、ストレス解消にものすごい役立っている事に気がついたのだ。

相変わらず腰は重いけど、行けばスッキリするのがわかっているので行けるようになってきたのだ。

 

すべてのカリキュラムはボクシングの1R3分間を軸に進められる。

 

  • 準備運動・ストレッチ
  • 基礎の体幹運動1R
  • シャドウボクシングでフォームの確認1~2R
  • サンドバッグ打ち・トレーナーとミット打ち2~3R
  • トレーナーとディフェンス練習2R
  • パンチングボール(シングル・ダブル)2~3R
  • 縄跳び1R
  • ストレッチとその日の振り返り

 

その日の出席人数によって若干変わるけど、1時間で大体こんな感じ。

最初のうちは終わる頃バテバテだったけど、段々とついていけるようになってきた。

そもそも体力づくりとシェイプアップに主眼を置いたクラスなので、ボクシングの基本動作の一通りはしっかり教わるけど、和気藹々とやっている。でもトレーナーは世界チャンピオン育成した名トレーナーなんだよな・・・贅沢。オットのクラスのトレーナーは若手で、ちょっと前まで現役選手だった方だからうらやましがられている。(その若手のトレーナーも教え方が上手く、優しく穏やかな方)

 

ワタシが好きなのは、独りで黙々と打ち込むサンドバッグ打ちとパンチングボールのシングル。

 

サンドバッグを打つ時は「あの客今度来たらボコボコにしてくれるわ!!!」とか「オットのヤツやかましいわ!!!」とか心の中で毒づきながら打っている。1週間のうちに多少は理不尽な事があるもので、大体その場は作り笑いでやり過ごしてジムで発散しているわけである。その場で「それは理不尽ですよ!」って相手に言えればそれが一番なんだけどね・・・。言えないタイプなので強くなったつもりでサンドバッグ打ち込むわけだ。

 

一方パンチングボールのシングルは、完全に無心になれる。ひたすら跳ね返ってくるパンチングボールの動きを捉えて叩く。この頃は拳が虚空を切るだけということも少なくなり、一定のリズムでボールを叩き続ける事が出来るようになってきた。この無心になれる時間というのもなかなか貴重。日頃レジ、接客、作業、電話応対などと、仕事中は気ぜわしく1つのことに集中できないのでね・・・。


吉沢陸ボクシング パンチングボール(スピードボール)打ち方練習方法boxing

 

女性だけのクラスなのでユルいと言えば確かにユルい。

だけどフィットネスクラブの「ボクササイズ」に比べればより本格的だし、実際試合をするわけじゃないけれど実践的な攻撃と防御の基礎は教わっているし、1時間のクラスが終わる事には汗だくになっている。汗かくほど運動する機会が今まで無かったので、新陳代謝も上がる事は無くてもそこそこ維持は出来ているんではなかろうか。

 

お陰で体力も少しづつついてきて、最近では「いもようかんさん、ボクシングらしくなってきたね!」と言っていただけるようになってきて、楽しく通えている。ただ、残念ながらシェイプアップするには日頃の食生活に、自宅での練習だったりあるいは週2で通うとかしないとダメである。まあそもそも体力づくりが一番だったんだけど。

 

 

それにしても・・・家にもパンチングボールが欲しい今日この頃。

イラッと感やモヤモヤは、こまめに発散しないとね。