お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

【反社会性人格障害】関わりたくない人からの突然の電話

いやぁ~驚いた!

この歳になると驚くということも少ないんだけど、昨夜は流石に驚いた。

 

というのも、かかってくるはずもない(と思っていた)相手から唐突に電話があったのだ。散々ワガヤからお金を「お金貸して~」と引き出した挙句すっとぼけて踏み倒したあの親戚。

 

過去記事には親戚の女性というボケた表記にしていたけれど(身バレ警戒の為)、ハッキリ言ってしまおう、彼女はオットの妹である。ワタシからすると義理の妹。年齢はワタシと1学年違い。既に没交渉となって3年ちょっと。オットの実家の土地の売却の話が出たときも、オットは弁護士を立てて間に入ってもらって直接交渉はしていない。(義妹、「私にも土地の売却益をもらう権利がある!ギャー!!!!」とか何とか言ってきた・・・。オットは「イヤそれオレが相続した土地だからオマエ関係ないって!」と弁護士さんに代弁してもらった。強欲なんだからもう~)

 

そんなわけで過去記事3連発。

よそんちの醜い諍いが参考になるかはわからないけど、世の中案外身近におかしな人間がいると言う注意喚起にはなると思う。

imoyoukantan.hatenablog.com

 

 

imoyoukantan.hatenablog.com

 

 

imoyoukantan.hatenablog.com

 

 

いやスゴイわ。

義妹の居住市の生活保護課に義妹の安否確認したら、その日のうちに直々に「市役所の生活保護課にアタシの事聞いたらしいけどなんの用?」と電話掛かってきたw

(因みにそんなこと市役所に聞いたところで教えるはずも無い事をわかってて電話している)

 

散々借金踏み倒してワガヤ中にものすごく嫌われているのにシレっと電話寄越すなんて図太い!!!!安否の確認したのは、オットが急に気になったからで、特に理由は無い。「急に気になるなんて、義妹、生霊でも飛ばしてんじゃなーい?」って冗談めかして言ったらオット、微妙な顔してたけど。あながち間違ってはいないだろう。

 

でも彼女が電話をしてくるということは今までの経験上、ロクなことにならないのである。関わればまたお金を掠め取ろうとするに違いない。いくら地方とは言え県庁所在地に住んでるんだからえり好みしなければ仕事はあるだろうに、生活保護かオトコ捕まえるかで生きている人だった。仕事は長続きせずどこへ行っても「いじめられたから」とか言って辞めてしまうんだよね・・・。(今思えば「いじめられた」のではなく、業務上ごく当たり前に「注意」されただけではないかと。とにかく半年以上続いた験しがない)

 

あと、電話してくるのは彼女の常套手段で、証拠を残さない為である。経験上、全てのお金の無心は彼女が電話で「頑張ってるけど報われない哀れな私を(お金で)助けて~アピールから始まるのだ。

 

で、何の用か聞かれたので「別に用は無い。安否確認しただけだ」と答えて通話終了。う~むやっぱり義妹ソシオパスだわ。控えめに言って関わらないのが一番だ。くわばらくわばら。っていうか、何故市役所に電話するんだオットよ・・・。即着信拒否したのは言うまでもない。