お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

今年の大河ドラマは通しで見ようと思う

小学校の頃から歴史だとか地理だとか偉人伝記とかの類が好きである。

学生時代は散々変わり者扱いを受けてきたものだが、ここ数年で「レキジョ」なる呼称も出て来るぐらい、女性の歴史好きが認められるようになった。とは言え、ワタシは単に好きなだけで、マニアではない。

 

歴史と言えば、大河ドラマ

母が見ていたこともあって大河ドラマは馴染みがあったが、ワタシの記憶におぼろげに出てくる作品は1983年の「徳川家康」。晩年期の家康の「狸オヤジ」的風貌とえらいかけ離れた家康像だったのを憶えている。

 

そこからしばらく見ていなかったのだが、忘れもしない1987年の大河ドラマ独眼竜政宗」で再び歴史好きへと舞い戻る。

f:id:imoyoukantan:20200117200847j:plain

NHKアーカイブスより。勝新太郎演じる豊臣秀吉と、渡辺謙演じる死に装束で小田原に馳せ参じた伊達政宗との名シーン)

 

いやぁ、オープニング音楽からキャストから、全てに於いて大好きで、1年通して見た初の大河となった。(個人的にその年のワタシは「梵天丸も、かく、ありたい」が口癖だった)

 

で、今年の大河は「麒麟がくる」・・・なんと明智光秀が主役!!

もう戦国時代はええわ~飽きたな~と思っていたけど、明智光秀だったら話は別だ。あの織田信長に突如として反旗を翻し謀反を成し遂げたものの、山崎の合戦で秀吉に負けて敗走し殺されてしまう・・・という歴史上、非常に重要な人物なわけだが、信長に仕えるまでの人生はあまり記録に残っていないようだ。年齢すら信長より年上という事だけが確かで、いくつ上なのか等はわかっていない。その前半生を描いていくというので期待している。それに光秀の「謀反の動機」がどう解釈され、描かれるのか。

 

光秀役の長谷川博巳・・・いい配役!!この肖像とも雰囲気似てる気がする。

f:id:imoyoukantan:20200117204919j:plain

 

これまでも大河ドラマでは色んな俳優さんが明智光秀役を演じてきたのだが、個人的に印象に残っているのはショーケンが裏返った声で「敵は本能寺にあり!」と叫ぶ「利家とまつ」。不謹慎にも吹き出してしまったのをおぼえている。前田利家唐沢寿明松嶋菜々子がまつ、織田信長GTO反町隆史)・・・ってこれは大河ドラマなのかい?と突っ込みたくなるキャストの中でひときわエキセントリックな光秀だったなぁ。

 

麒麟がくる」では、本能寺から山崎の合戦で敗走して最期を迎える所までやるのだろうか?誰もが知るクライマックスは12月ごろになるだろうから、信長の家臣になるまでの期間も結構丁寧に時間を掛けて描くのかもしれないな。

 

近年大河ドラマを「完走」することが少なくなっているし、そもそも最初から見ていないというのもあるのだけれど、今年はどうなるかな~。

 

初回放送は明日!!