お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

仕事に飽きちゃった3つの要因

 仕事に飽きてしまったんだけど、仕事の何に対して飽きてしまったのかが自分でもよくわからなかった。

imoyoukantan.hatenablog.com

 

ああこういうことか、と腑に落ちる記事を見つけた。

waka-shi.com

 

      • 毎日同じ事の繰り返し
      • 売っても給料が変わらない
      • 自分で考える仕事が少ない

       

 全くその通り!

朝出勤して売り場の清掃をしレジを開け、開店挨拶。

レジを打ちながら合間を見て在庫チェックや発注、値下げの作業、接客、品出しに他売り場の応援・・・のエンドレスリピート。

 

接客して商品が売れても特に評価されない。ゆえに給料が上がるわけでもない。

売り場の商品陳列も基本的には本部や上司からの指示に従うだけ。

商品の仕入れにしたってそうだ。

 

それでも接客してお客さんが喜んで商品購入につながれば嬉しい、その一心で今までやってきたんだけど、横暴で理不尽なお客さんの存在で台無しになるんだよなぁ・・・。その落差の激しさに何だかついていけんのよ。

 

多分この「お客さんを選べない」というのが一番ツライとこなんだけど、これは「飽きる」以前の問題。ただでさえ飽きている所に、ワーワーわめき散らすオッチャンとかネチネチとクレームを言い募るオバチャンとか、とどめをさされているとしか思えない。

 

しかしスキルの無いオバハンが辞めて違う業種に行くのはかなり厳しい。

さてどうしたもんか・・・。

 

そもそも今のスーパーには食品部門希望で面接受けに行ったのだ。そちらに配置換えして貰えばレジは打たなくてよくなるし、黙々と作業しながら合間に接客があるくらいだし、そうしてもらおうかなー。もう接客するのほんとに疲れた。大体服にさほど興味のない人間なのに衣料品売ってるのも正直どうかと思うしね・・・。っていうか、総合スーパーでなく食品スーパーに移るというのでもいいかもしれん。