お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

漢字検定受けて来た・・・が、撃沈の模様

先ほど漢字検定試験から帰宅。

 

imoyoukantan.hatenablog.com

 

↑ の記事を書いたのが8月末、9月の中旬までは1日につき30分程度勉強時間を取っていたんだけども、それ以降思いっきり中だるみ。10月の2週目も後半に入って焦り出した。が、台風騒ぎで勉強に集中できず。

 

それでも直前1週間はどうにか時間を作って勉強した。が!!

 

試験が終わってカフェで昼食を摂りつつ自己採点したが、合格ラインには及ばなかった・・・。

 

ちなみに日本漢字能力検定協会の公式模範解答は1週間後にHPにアップされるので、点数は多少前後するかもしれないが、自己採点では200点満点中146点だった。合格ラインは80%・・・だから160点か。微妙~。協会HPによると、2017年の検定試験3回分のデータで、2級の合格率は20%程度で推移している。結構合格するの難しい試験と言えるかもしれない。2級の出題範囲は2136文字、常用漢字がすべて読み書き活用できるレベル、である。

平成29年度 受検データ | 調査・データ | 日本漢字能力検定

 

  1. 漢字の読み
  2. 書き取り
  3. 部首・部首名
  4. 送り仮名
  5. 対義語・類義語
  6. 同音・同訓異字
  7. 誤字訂正
  8. 四字熟語
  9. 熟語の構成

 

の中で圧倒的に出来ないのが3の部首・部首名。4から9も漢字がきちんと書けて正答になるような問題なので、言葉自体を覚えていても漢字が書けなかったらアウト。部首は覚え切れなかったので他でリカバリーしようと思ったけど、結構細かい間違いとか記憶違いが多かった・・・。

 

今度こそ合格するぞ~とか言ってたのに恥ずかしい(けどブログで晒してしまった)。それにまた受験料をムダにしてしまった。反省。

 

敗因はわかってる。

やはり合格目指すなら、毎日短時間でもコツコツと勉強を積み上げないとダメなのだ。齢50近くともなると、自分の記憶力なんかアテにならないんだから、何度も書いて口に出して身体で覚えていかないと。

 

次の検定は2月。