お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

便秘対策にもち麦入りご飯が良かった

図書館員を派遣する会社(?)の応募の件、ダメだったようだ。そろそろ「応募受け付けました」メールが来て10日(土日除いて)になるけど何の音沙汰もない。 

 あーら、残念!!

ダメ元だったし、年齢いっちゃってるし、資格も経験もないので仕方ないね。というわけで、当分は引き続きスーパーの仕事やっていこう。

 

さて本題。

 

 

ビロウな話でスイマセンが、ワタシ長年結構な便秘症。

頻度として現在1~2日おきにお通じがあるんだけど(これでもマシになった方)、殆ど申し訳程度でウサギさんの〇(いやほんとビロウでスイマセン・・・)みたいな感じなのだ。スッキリ感もない。・・・なので、食物繊維の多い食べ物(根菜類)を食べるようにしたり、水分を良く摂るように心がけたり、整腸作用のあるエビオス錠や乳酸菌製剤を常用してた時期もあるし、あんまり酷い時には便秘外来に通院したりもした。

 

でも一時的な効果はあるけど、毎日の習慣としてはなかなか根付かないのだ。いくら好きでも毎日きんぴらごぼうやサツマイモやこんにゃくばっかりというわけにもいかないし。

 

で。麦ご飯が食物繊維が豊富だということで麦ご飯を食べ始めたのだけど、普通の麦だとアッサリし過ぎて満足感が薄。もち麦だったらどうだろう?ということでもち麦ご飯にシフトした。これが効果的だった!!

 

もち麦のスティックタイプのヤツを1本、研いだ5分搗き米2合に加えて炊いたもち麦入りご飯にして数日後あたりから、1~2日おきのお通じが段々スッキリ感を伴うようになってきた!これはもしや・・・!と思い、スティックを2本入れてみたら、プチプチと噛み応えも出てきて美味しい。お通じも少しづつウサギさん状からマシな感じへと変化している所。

 

今食べてるのはこれ。  

はくばく もち麦ごはん50g(12袋)

はくばく もち麦ごはん50g(12袋)

 

 

もち麦の量をもう少し増やしたいので、次は個別スティックじゃなくて800グラム入りのを買ってお米ともち麦を2:1で炊いてみようかと。

 

もち麦の栄養的特徴は、こちらに詳しい

www.maruyanagi.co.jp

 

水溶性食物繊維のβ-グルカンが水に溶けるとゲル状になり、腸内の不要物を包み込んで体外に排出する・・・というところが、お通じ改善につながったのだろう。

 

あとこのβ-グルカンは、一緒に食べたものを緩やかに消化・吸収させる働きがあり、インスリンの分泌を抑えて食後の急激な血糖上昇を防ぐ。血糖のコントロールは糖尿病患者だけでなく、肥満防止のためにも重要だということなので、これはもう主食をもち麦ご飯にするしかなかろう!と。

 

ただし、一応少食目指してるので、1食につき小さめの茶碗に1杯にとどめている。職場に持参するおにぎりももち麦ご飯をにぎっているんだけど、冷めてもおいしいからお弁当にも向いてると思う。

 

便秘にお悩みの方にぜひ!パックご飯でももち麦入りってあるみたいだからお手軽に試せるかと。

 

2019年10月8日追記

「医者が考案したがん・病気をよせつけない最強の一汁一菜」という健康レシピ本が結構良かった。もち麦ご飯に合わせる味噌汁や副菜の小鉢のレシピだけなんだけど、スーパーで買える材料だけで構成されててなおかつこれだけバリエーションが出るのか!と参考になった。

 

医者が考案したがん・病気をよせつけない最強の一汁一菜

医者が考案したがん・病気をよせつけない最強の一汁一菜