お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

人様の好きな事や趣味を小バカにする人間にはなるまいと強く思った日

昨日のエントリーで書いたように、ワタシは下手の横好きながらも文書を書くのが好きでこのブログを書いている。大事な趣味だし大事な居場所の1つだと思っている。読みに来てくれた方のブログを読みに行くのも好きで、見知らぬ人が色んな場所でそれぞれの生活を紡いでいるんだなぁ、と勝手にシンパシー感じている。リアルでは殆どぼっちの寂しいオバハンだけど、ブログを書いたり読んだりしてるお陰で不思議と孤独感は感じず過ごしている。

 

勿論家事や仕事があるし、別にブログばかりに没頭する気は毛頭ない。他にやってみたい事だってある。ネットに繋ぎっぱなしで生活に支障をきたさぬようにもしている(そのためのミニマル生活でもある)。

 

しかし、オットには理解されていないようだ。ワタシは年中ブログ中毒と揶揄されている。オッ!またブログ?他にやる事ないの?中毒だねぇ!みたいな感じ。鬱陶しい。

 

ずっと黙って受け流し、我慢してきたけれど、さっきまた言われたので、はっきりと意思を表明してみた。

 

「あのさ、自分が時間を忘れる程夢中になっているボクシングや筋トレや、好きでやってる仕事のことでバカにされたらアナタ怒るよね?今まで黙って我慢してたけど、ワタシはずっと中毒だってバカにされて不愉快だよ。自分に理解できない趣味だからって、バカにした態度を取るのはやめてくんないかなぁ」

 

すると一瞬ポカンとした顔をして、別室に移動してしまった。まぁ仕方がない。多分彼にとってはどうでもいい事なんだろう。どうせまたバカにするに決まってる。でもこちらもまた同じ事言うけどね。って言うか、家庭内で妻にマウント取るのって、なんなんだろう?どうも無意識にやってるみたいでマウント取ってるって自覚が無いみたいなんだけど、もっとチヤホヤとヨイショしとけばいいんかね?うわ、面倒クサ!

 

ワタシは身近な人が好きな事、夢中になってやっている事を執拗に小バカにするような、狭量で無理解な人にはなりたくないし、理解できないことにはタッチしなければいいだけの話だと思う。けど、残念ながらそうじゃない人もいるのは仕方ない。今後も引き続き小バカにされるだろうけど、文章はチマチマ書き続けるつもり。

 

・・・って、ワタシこのエントリーで家庭内でも孤独だって暴露しちゃったなぁー。やれやれ。 家族と言っても元は赤の他人だから仕方ないよね。