お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

ヘタレな自分にはやはり週5勤務はムリだった

10月から希望してパート勤務の時間を減らしたんだけど、減らした意味が無かった。

結局人手不足で自分の仕事がどんどん遅れていって、気づいたら残業しているのだ。

よその売り場の応援に駆り出されることも日常茶飯事で、馬鹿馬鹿しいことこの上ない。細かいミスも増えて、なかなか立ち直れなくなってきた。

 

先日のセール準備は特に大変で、作業が終わらず。

2時間の早出残業と(これはセール準備の為じゃなく開店前に避難訓練があったため)、2時間の残業で11時間も勤務先にいたことになる。その日はヨレヨレで帰宅し風呂にも入らず寝てしまった。

 

そんなさなかにオットが家で年末調整の書類を書いてて突然怒り出した。

「ダメだ!やっぱパート時間減らして!!元の短時間契約に戻して!!」

 

結局ワタシが扶養から外れたことによって住民税が増えてしまったのが気に入らないらしかった。前にもこんなやり取りがあった。

 

imoyoukantan.hatenablog.com

 

 

「だから短時間契約から変更するときにこういうことになるよって説明したよ!」と言ったが、オットは数字で見える化した途端にイヤになっちゃったらしい。

 

いも「しかし配偶者控除は生きとるよ?!」

オット「だけどさぁ。税金もそうだけど色んなことが上手く回らなくなってきたと思わん?家事とかもそうだし、用事をこなすのも時間が足りんし・・・」

いも「確かに」

オット「出来るだけ家事に協力するつもりで自分に出来ることはやるけども、こっちも仕事忙しくて限度があるしさ。それにオマエここんとこいっつもグッタリじゃん。世帯年収がちょっとばかし増えても健康損なったら意味無いって!」

いも「そうだね・・・」

オット「だからさ、やっぱし速攻で元の短時間の契約に戻して!なんならオレが社員に電話して文句言うから!!!!」

いも「(そいつはマズイ。ヘタすりゃ社員さん泣かされるよ・・・オット理詰めで責めるし・・・)いやいやわかった自分で言うから・・・(時間減らすのムリっぽいけどな・・・)」

 

そんなわけで年末商戦の忙しい日々に入ると言うのに、時間を減らす相談をせねばならず憂鬱。