お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

マンパワー依存

f:id:imoyoukantan:20180414110734j:plain

スーパーの店員はAIの台頭で消えゆく仕事の1つだそうだ。

 

そのスーパーの店員としてパートをやっている訳だが、ヒタヒタとその時が近づいていると感じている。

 

そもそもリアル店舗での買い物からネットでの買い物にますます移行するだろうし、リアル店舗での買い物も、店員要らなくなる日が来ると思う。例えばお客さんの計測をし、体型に合う衣服や肌着を提示するロボットとか導入されたらマンパワー必要なくなるよなぁと思う。個人的にはその流れに逆らえないような気がする。

 

他所のスーパーで買い物すると、レジ登録は店員さんがやって清算はセルフの店も増えてるし、完全セルフレジ導入してる店もあるのがいい例だ。

 

それに比べて我が勤務先はまだまだ典型的なマンパワー依存だ。慢性の人手不足だというのに。何処の売り場も例外ない。食品売り場もセルフレジなど導入されない。年がら年中レジ応援の放送が流れている。食品レジの募集をかけても応募者が滅多に来ないのだから、設備投資の一環としてセルフレジ導入すればええのに。

 

他にも青果売り場の鮮度チェック応援とか、催事場のレジ応援、お中元やお歳暮、バレンタインやホワイトデーなどギフトカウンターの応援、他にもクレジットカード獲得の為の呼び込み応援などもある。自分の売り場の人員もギリだからレジに貼り付いている時間も多い。自分の担当の仕入れや品出し、在庫管理、商品値下げや売り場作りなどが間に合わないのだ。どこの売り場も少ない人数で回している。ブラックと言われても仕方ないな、と。

 

 

 

先日、本部のおエライさんが朝も早よから視察に訪れるというので準備に大わらわだったのだが、おエライさんも重箱の隅をつつくようなしょーもない指摘をする以前に(陳列什器がまっすぐ配置されてませんよ!とか)、いかにマンパワー依存から脱却しつつ利益を上げるにはどうすればよいかを考た方がいい。自動化できるところはどんどん自動化しろよ、優先順位を明確にし不必要な事は徹底的に省けと。

 

不必要と言えば、電話、書類仕事とハンコを押す慣習も。時間が勿体ない。マンパワー依存の最たるものだ。レジ操作でミスをすると報告書を書かされて上長から店長クラスまで数人の判子をもらわなきゃならない。しょーもなー(棒)。

 

そうは言いつつも、スーパーの地道な仕事は(接客やレジ除く)割と好きだったりする。