お気楽ミニマルライフ

意識が低いオバハンの簡素な暮らし

大型家具をどうするか?

昨日の大阪での地震、被害に遭われた方へお見舞申し上げます。

 

3.11の時は東京多摩地域の奥地に住んでいて、「明日は我が身」と断捨離にいそしみ大分大型家具を手放しはしたものの。

 

観音開きの洋服タンスと食器棚、何とか処分する方向に持っていけないかな~と、昨日改めて真剣に考えた。

 

以前から断捨離候補になっていた両家具だが、処分した所で肝心の中身をどうするかがまったくノープラン。そしてオットは処分には反対。

 

一応、両家具とも突っ張り棒で固定はしてある。

だが気休めに過ぎない、という話も聞く。

凶器になってしまうようなモノの配置の仕方はしないに越したことはないが、普段の生活に支障をきたさないようにすることも大事だ。悩ましい。シンク下、食洗機を置いているスチールラックあたりが食器類を置く場所の候補だが・・・。オットに提案してみようと思う。

 

キャスター移動の出来る簡易デスクも再考の余地あり。さしあたって、掃除の時以外はキャスターにストッパーをかけておこうと思う。

 

ワガヤ、80年代終わりごろの建物で、収納場所もやや少なめ。この作り付け収納に全て収まる物量というのは・・・なかなか難しいのだ。(オットとムスメは非ミニマル志向だし)