お気楽ミニマルライフ

パートのオバハンがラクな暮らしを追求するブログ

地味すぎ、オッサン化したオバハンに未来はあるのか?

ワタシ、シンプル好きが高じて生活ミニマル化を試みてまいりましたが。

そのことで家族と軋轢が生じております。

 

シンプル・ミニマル化をし始めたそもそもの理由は、経済的な理由と、自らの面倒くさがり屋体質にしっくりくる【合理的な】ライフスタイルだと思ったからです。生活シンプル・ミニマル化でワタシがストレスフリーになれば、家族との関係も良くなると思ってました。

 

しかしワタシはしばしばやり過ぎて「捨て魔」と呼ばれ、これはイカンと断捨離するのは自分のモノのみと決め、そこそこ上手くやって来たつもりでおりました。

 

・・・が!

そう思っていたのはワタシばかりで、オットは「暖かみの無い雰囲気で帰って来るのがイヤなんだ最近」と言い出し、「地味な服ばかり着て女らしさも無い上に頑固」、「男2人で一人娘の子育てをしたようなもんだ」と言いました。酷評です。

 

勿論最初は反発しましたよ。

 

imoyoukantan.hatenablog.com

 

夫婦になって20年過ぎましたがそれなりに色々あって、至らない面も多々あったけれど、経済的に苦しいけれど何とかここまでやってきて、いきなりそれかよ!!と怒りを感じましたよ。生活していく為に、優先順位の低いことを後回しにせざるを得なかったのに、今更そんなこと言うのか??と。

 

でも振り返ってみたら、確かに可愛げのない嫁であったとは思う。

確かにワタシは面倒くさがりやではあるけれど、だからって女らしいことを全て放棄するつもりはなかった。でも傍から見たら十分女らしさを断捨離してて、一体オマエはどこに向かうんだ?という風に見えていたんだという事に気づかされました。(あまりにも機能性重視で遊びが無いモノ選びなんだそうです、ワタシ。確かに機能性とか汎用性萌えかもしれない。「カワイイ」とか一切言わないし)

 

と言うか、オットはずっと言い続けてきたんだけど、ワタシが聞く耳を持ってなかったようです。多分、シンプルであること、ミニマルな生活に執着していたんだと思うのです。家族そっちのけで。

 

来年春にはムスメが遠方の大学に進学が決まったので(祝!!今日合格発表でした)、夫婦二人での生活になります。オッサン化してしまったオバハンとの地味すぎる生活はオットにとってツライでしょうし、家事のしやすさも追求しつつも居心地いい家、明るく女らしい見た目も取り戻していく、来年はそんな年にしていきたいと思います。