お気楽ミニマルライフ

意識が低いオバハンの簡素な暮らし

食べるということをもっとシンプルで地に足ついたものにしたい

ワタシは四柱推命で食神という星を持っており、一言で言うとのんびり無邪気でマイペース、不思議と衣食住に困らない・・・なんだそうだ。 実際「食」には興味を持っていたし、ご縁があるなと思っている。 食と健康に関する本も様々読んできた。 健康的な食の…

そば猪口の絶妙なサイズ感

先日勤務先のスーパーの催事で陶器市を開催していた。 食器はそこそこあるから(オシャレさ皆無、テイストはバラバラだが)、買う気は全くなく。むしろ増殖したマグカップなんかを減らしたいぐらい。 なのに、陶器市の業者のおっちゃんが仕事帰りのワタシに…

納豆のタレとからし、いらんよね

関東生まれ関東育ちのクセに、子どもの頃は納豆キライだった。ハタチになってちゃんこの店で食べたイカ納豆(イカソーメンとひき割り納豆混ぜただけの一品)のお陰で納豆嫌いを克服して以降は、納豆は冷蔵庫のマストアイテムである。 しかし、納豆のタレとか…

南北先生はひたすら少食→積徳→開運を説いた

こちらは水野南北の『修身録』の解説本。 江戸時代の小食主義――水野南北『修身録』を読み解く 作者: 若井朝彦 出版社/メーカー: 花伝社 発売日: 2018/02/02 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る ひょんなことからこの本を知り、ザ…

身軽な暮らしのために導入したいこと(モノ)

このところ「こうしたいな」と思っていることの覚書。 (衣)ワンピース中心のワードローブ 服に興味のないこのワタシが、これは欲しいと思ったワンピースがある。時間が掛かりそうだけど、ゆくゆくはそのワンピースを「制服化」して服を買ったり選んだりす…

【ちょっと愚痴・再び】弁当作りが面倒過ぎる

弁当を作るのが面倒である。 ここしばらくは弁当作るのを放棄気味だ。 外食・買い弁は飽きる上、長期的に見るとカロリーオーバーで栄養が偏るので健康に良くないな、とは思う。それに弁当持参する方が経済的でもある。 しかし。 献立を考え 衛生面に気を配り…

一汁一菜の汁物のアイデア

食卓に汁物は欠かさない。 汁物があるだけで満足度が上がる。たとえそれがインスタント味噌汁やインスタントスープでも。 基本の一汁一菜(汁飯香)に余力しだいでいくつかのおかずがプラスされていくのだが、時間や余力のない時は汁にたんぱく質系をプラス…

ワガヤの米事情

ワガヤでは秋田県のお米農家さんから直接玄米を購入している。30㎏ドカーンと。それを精米機で精米して食べる。 オットが健康志向なので玄米を食べたがるのだけれど、ワタシはダメ。玄米の味や食感は好きだが、常食するならしっかり浸水させて軟らかめに炊…

やっぱり作り置きは向いていない

先日安さにつられてつい野菜をタップリ買い込んでしまった。3人分1週間想定がクセになってたらしい。 「あ、ムスメいないんだっけ・・・こりゃ買い過ぎだわ」 と気づいたのは冷蔵庫に買った食材をしまってた時。 よりによって傷みやすい野菜が多かったので…

お気に入りの味噌

昔、小さい自然食品のお店で働いてました。6〜7年かな。 そこでマクロビオティック専門のメーカーの商品や老舗蔵元の調味料とか、色々扱っていたんですが、その店を辞めた今でも使い続けている商品がいくつかあります。 以前紹介した春夏秋冬だしの素 imoyou…

お正月料理

今は亡き母は、お正月の料理はお刺身を中心にしていました。 作るのはお雑煮とお煮しめ。かまぼことか伊達巻なんかは買ってましたねー。 お刺身は家族みんな好きだし、父のお酒の肴になるので、母は大晦日に買い込みに行ってたと思います。それが元旦のごち…

【ワタシ的ラク家事覚書】出すだけおかずをリストアップ

毎日の食事の支度、 imoyoukantan.hatenablog.com 基本的に一汁一菜(汁飯香)を基本に据えて、干物を焼いたり刺身を買ってきたり、ゆとりがあれば1~2品のおかずを作るという感じで落ち着いています。今専業主婦状態だから割と料理してる~。 忙しい時や…

「もうレシピ本はいらない」は一汁一菜実践の書!

レシピ本を買わなくなって随分経つ。 以前はレシピ本買いあさっていた。レパートリーが少ない、味付けがうまくいかない、そもそも食事作り自体が面倒で少しでもラクにこなせるアイデアが欲しかった、というのが購入の動機。しかも写真が非常にキレイで食欲を…

基本は一汁一菜ということにした

あくまで自分ルールとして、なんだけど、最近、食事は基本一汁一菜ということにした。家族にはそんな宣言してないけど。結局それが一番ラクだというのが、ヘタレ主婦20年近くやってきての結論 ヘタレな割には、いや、ヘタレの自覚があるからこそ、食べるも…