お気楽ミニマルライフ

ゆるくてお気楽な暮らしと雑記ブログ

四十路後半にしてクレカ初心者

f:id:imoyoukantan:20180521125554j:plain

若い頃安易に作ったクレジットカード。

ワケもわからず散財するばかりで支払いに苦労した経験があるので、カードを解約した後は現金派だった。

 

ネット通販使うときは払込票とか口座振込とか、コンビニでギフトカード買ってくるなどして対応していた。決済方法がクレカ一択なら潔くあきらめるか、オットに頼んで購入してもらうか。最近は買い物自体が面倒になってきたのでネット通販もそんなに使わなくなってきたが。

 

結局クレカは「ツケ払い」になるのだ。若い頃はそのことをわかっているようでわかっておらず、失敗し支払いに苦労した。自分のバカさ加減に懲り懲りしたのでクレカを持たない選択をした。

 

で、四十路も後半になった今、またクレカを持ち始めた。

勤務先にてカードを作ったのだ。電子マネーと一体型になったやつ。ノルマ達成の為頼み込まれて断りきれず、しぶしぶ作ったのだ。

 

完全に「おつきあい」のつもりで、クレジット部分には一切手をつけず電子マネーとして普段の食料品や日用品の買い物に使うつもりだった。結局普段の買い物は勤務先で済ませるのでポイントも貯まるだろうし。

 

が、先日手元に現金がない状態でコンタクトレンズがなくなってしまった。ド近眼なのでワンデーの使い捨てコンタクトを使っているのだ。仕方なくクレカ片手にコンタクトレンズを買いに行った。

 

カードを渡しサインをして商品を受け取って思った。「これはアリだな・・・」

 

 

ワタシにとってコンタクトレンズは必ず買うものなので「固定費」だ。固定費をクレカ決済にすることで自動的にポイントが貯まるのはなかなか魅力だ。実際ワガヤでは電気とガスと携帯電話費をオットの洋服の青山カード(VISA)で払っているのだが、結構なスピードでポイントが貯まるので、オットの洋服はポイントで買ったものが大部分を占めている。ワタシのカードはポイントを電子マネーに交換できるタイプなので、差し当たってコンタクト代と自分の携帯代をクレカ払いに移行することにした。

 

 

クレジット部分は固定費の支払いにのみ使うことにした・・・というだけの話。みんなコレぐらいはやっているだろうから今さらな話ではあるが、あまり頑なにならず、便利なものを上手く取り入れるのも必要かもしれんな、と思う。