お気楽ミニマルライフ

ゆるくてお気楽な暮らしと雑記ブログ

カオスか秩序か

台所というのは、家庭の中で最も雑多なモノが集まる場所だ。

 

まず調理器具。大小、形も様々。食器もそう。食材にしても野菜果物肉魚は言うに及ばず、乾物やら缶詰調味料まで。

 

世の奥様方が一番悩ましいのは台所の収納問題だと思う。少なくともワタシはそうだ。

 

ワタシは探し物をするのが大嫌いなので、モノの住所を決めるべく、仕切り収納を実践してきた。しかし家族はそんな事お構い無し。100円ショップで買った仕切りカゴに何が入っているか表示をつけても絶対にそこに戻した試しがない。

 

あんまり細かく言ったら台所仕事丸投げされるので、細かい仕切りは止めることにした。今はザックリ収納にしている。

 

そうすると自分もラクだった。

大まかに常温保存調味料ゾーン、常温保存食材ゾーン、冷蔵庫の中も大雑把に。何がどれくらいあるのか見渡せないと嫌なので、ギッチリ詰めない。

 

多少カオスになるけれど、種類や数量を絞っていれば、ここにあるとわかっているので気分的にラクだ。

 

ただしあまりカオスの度合いが過ぎてもよろしくない。欲しい時に一発で出てこないと作業中イラッとする。過剰在庫の原因にもなる。

 

やはり面倒くさがりが集まった家族なら、台所のモノは最低限が良い。