地味~なお気楽暮らし

四十路主婦いもようかんの地味でこじんまりした暮らしのアレコレ

洗濯機が壊れた。買い替えで検討したコト

ワガヤの2代目洗濯機(2006年三菱電機製)が2日前、脱水しなくなってしまいました。幸い洗濯物は少量だった為、急遽全て手で絞ってベランダに干しました。真冬じゃなくて良かった~!昨日はお店に買いに行き、明日到着予定。待ち遠しい!

 

実は脱水しなくなったのはこれで2度目。

前回は修理を依頼しました。その時に言われたのが「次に同じことが起こったら買い換えて下さい。多分部品が無いかもしれませんし」という余命宣告。覚悟はしてました。

 

洗濯機買い替えに当たって検討したのは以下の点。

  • 乾燥機能がある機種。ただし使用は雨の日にタオルや下着などに限定。
  • 予算は13万円まで(消費税・リサイクル料込み)。
  • 分け洗いせずまとめ洗いが多いので、ある程度大きいもの。
  • 毛布など大物を洗いたい。

 

ドラム型カッコいいなぁ~と思ってましたが、予算オーバーするので候補入りせず。2代目同様縦型乾燥機付に絞込み。

 

ネットで調べると、日立製が洗浄力という点では評判がいいらしい。店員さんにその辺を聞くと、「その通りです。日立産はたたき洗いが特徴なので。けれど、スポーツやってる人がいたり派手に汚すお子さんがいなければ、他のメーカーさんのでも十分汚れは落ちますよ」との事。

 

あと、洗濯槽の自動洗浄機能ってのが最近のにはついてるんですねー!と言うと、「そうなんです。洗濯のたびに自動的に洗濯槽を洗浄します」と聞いて、ほぉ~、と感心。日立製は新しい水で洗濯の最後に槽洗浄、パナソニックも洗濯の最後に槽洗浄は変わらないけど、すすぎの水を再利用して槽洗浄する、という違いがあるらしい。う~ん、ウチはわずかでも新しい水使うより、すすぎの水再利用の方に惹かれたのでこの時点でパナソニック製に軍配。

 

パナソニックの去年のモデル(10kgタイプ)の展示品のラスト1台が10万ちょっと。使用には問題ないけれど、裏側に凹みがあるせいもあって破格値で、リサイクル料と消費税入れて11万ちょっと。ということで、ほぼ希望通りの品を購入することが出来ました。ラッキー!!!

 

画像はお借りしました。

f:id:imoyoukantan:20171115170622j:plain

 

ミニマル志向ですが、洗濯機はあえての大型。

家族3人分の洗濯は手洗いじゃ対応し切れませんからね~。