地味~なお気楽暮らし

四十路主婦いもようかんの地味でこじんまりした暮らしのアレコレ

ヤバイ奴からは全力で逃げよう!

ネットスラングにはとんと疎いワタシですが、「DQN」は案外身近におりまして。

 

親戚なのですが、借金癖のある人で。

その人のことヤバイ人だなんて思いもよらなかったから、長年小額ずつではあったもののお金を貸したわけです。

 

 

でも、「ありがとう、必ず返すから」と言う割に、返済してくることは殆ど無かった。返ってきたのは貸したお金のほんのわずかな一部で。いわゆる「たかり屋」。

 

 

さすがにこれはおかしいということで、食料品などの現物支給に切り替えたのですが時既に遅し。散々ワガヤに泣きついてきて、多額の金銭負担を強いたこの人、こちらがお金を返して欲しいと強く言ったら「アタシそんな事頼んだ覚えないけど?」という態度に。飛行機の距離で遠く離れて暮らしていた為知らなかったのですが、この春その親戚が諸事情によりワガヤにしばらく滞在して、本性がわかったわけです。

 

 

その親戚の本性がわかったけれど時既に遅し。親戚がワガヤにやって来た、ただそれだけで、ワガヤの経済状況かなり悪化してしまいましたorz その親戚が非常に困っていたから、じゃあ助けようとワガヤへの滞在をOKしたのですが(本人がこちらへ来たいと連絡してきた)、 ここに来る際の交通費から食費、病院の通院費用ワガヤで立て替えて、「払ってね」と言ったら「そもそもアタシこんなトコ来たくなかったんだから、何でそんなの払わなきゃならないの?」ときたもんだ。どころか、本人が強く希望して病院に入院したのにとぼけてワガヤに払わせようとするし。他にも色々書ききれない・・・。うすうす気がついた時にさっさと距離を置いていればよかったと、後悔しきりです。まあ泣き寝入りするつもりは無くて、相応の対処はしました。じわじわボディブローのように効いてくるでしょう。個人的にはもっとエゲツないぐらいの法的措置を取りたかったんですが、まあオットの親戚なのでガマンしました。

 

家族だから、とか親戚だから、とかばい立てしたり助けてはいけない人種って本当に居るもんですね。

 

「このひとちょっとヤバイんじゃないかな~」って思ったら、なるべく早く全力で逃げることをお勧めします。

 

その親戚、多分コレにあてはまる↓

 

www.huffingtonpost.jp