地味~なお気楽暮らし

四十路主婦いもようかんの地味でこじんまりした暮らしのアレコレ

珍しくスカートを買った

キッカケは新しいパート探しの為の面接でした。

 

パートとは言え、面接にあまりくだけた格好もどうかと思い、ムスメの入学卒業式用に購入したスーツを着用して面接に臨みました。セレモニースーツと言うよりはやや就職活動用っぽいジャケットとスカートの組み合わせで、スカートは膝下丈のボックスプリーツ。

 

で、その時全身鏡見て思ったんですよ。「スカートの方がマシに見える・・・」

 

ワタシの体型は典型的下半身太りの「洋ナシ体型」。太ももが横に張り出していて、膝から下とのバランスがものすごい悪いんですね。運動不足と過食が相まってオバハン体型への道を爆走してしまい、バランスの悪さも加速していたこの何年か。

 

にもかかわらず何十年もパンツスタイル一辺倒できたわけです。理由ですか?「スカートがキライだったから」

 

ワタシはですね、ヒラヒラフワフワとかファンシー音痴なんですよ。機能性とか汎用性とかそういう言葉に萌えるタイプで。スカートってヒラヒラフワフワなイメージで、選択肢から完全に抜けていたんです。

 

だから今回自宅用にジャンパースカートを購入したのも、なかなか勇気が要ることでした。でも着てみたら意外としっくりきました。動きにくいということもないし(タイトスカートじゃないから当たり前か)、ぶっとい太ももも気にならないので。買いに行ったお店で親切にアドバイスしてくれた若いお姉さんに感謝!

 

考えてみれば、絶対パンツスタイルじゃなきゃダメ!って決め付けていたのがおかしいのであって、スカートと言う選択肢があってもいいんだというごくごく当たり前のことに四十路半ばで気づくというね・・・(遅!)

 

慣れてきたらちょっとしたお出かけ用のスカートも買おうかと思っています。生地の素材と丈、形さえ選べば、オシャレとまでは行かずとも、TPOに合わせた服装がしやすくなるんだと気づきました。ファッション音痴をほんのちょっと返上・・・できるかな。

 

f:id:imoyoukantan:20180218165816p:plain

 

 

 

 

 

 

疲れた時は自分を優先することにした

インフルエンザで1週間休んでようやく仕事に復帰したのですが。

 

高熱が続いてロクなもん食べておらず、体力が戻りきっていない状態での立ち仕事はハード過ぎ・・・!!

 

復帰後初日の昨日は、フラフラヨタヨタで帰宅して、とりあえず洗濯物取り込んでから風呂場即行。

 

ひとっ風呂浴びてから夕食の支度。誰も帰ってこないのでサッサと食べ終えて、洗濯物を畳んで片付けてからストレッチ、その後間髪入れず布団を敷いてサッサと横になりました。食べ終わった食器は各自食洗機にセットするように伝えました。

 

以前だったらとにかく「夕飯作らなきゃ!」「洗濯物畳んでしまわなきゃ!」「食器片付けなきゃ!」で自分後回し。そうしてるとお風呂に入るのが億劫になってしまうので、帰ってきたらとりあえずお風呂直行したというだけの話なんですが、これが思ったより良かった。

 

これまで家族の行動に気を使いながら家事をしてきたわけですが、寄る年波、周囲に気を使うばかりでは体力気力が追いつきません。まずは自分優先で今後はやっていこうと思います。

 

そんなワタシの最近お気に入りの歌


ロバート秋山【マイクロズボラ】グリコ アーモンドピーク※

 

ロバート秋山って何者w

you tubeのCM飛ばさずに見たの初めてですよ・・・。

自宅療養お役立ちアイテム覚書

ようやく熱が下がってきました。

 

何が辛いって頭痛がとにかく酷い!

絶えず頭がガンガンしてました。

処方薬の鎮痛剤に頼っていたんだけど、飲んで熱が下がってまた熱が上がって、の繰り返しになるんですねー。

 

一旦鎮痛剤を我慢して、頭を冷やしまくり。しばらく高熱が続きゆるゆると微熱まで下がりました。

 

でね、つくづく思ったんですよ。やっぱり少しは家の薬箱に備えておけば良かったなぁ、と。

 

今回随分役に立つと実感したものを挙げていきたいと思います。

 

夜用ぬれマスク

f:id:imoyoukantan:20180209093421j:image

昨日ムスメが買って来てくれたのですが、随分喉のヒリヒリが収まりました。鼻呼吸もしづらいのでありがたかった!

 

経口補水液やスポーツドリンク

あんまり好きじゃないんだけど、今回ばかりはゴキュゴキュ飲みました!熱で汗かいた分、即座に補給できる水分としては優秀なのねー!粉末タイプを常備しておこう。

 

冷えピタ

これを買ってなかったのは痛恨のミス!これは通年常備しておくべき!

急遽買って来てもらったのはこのタイプ

f:id:imoyoukantan:20180209095510j:image

冷凍庫で冷やすと冷たさアップなんだそーで。真夏の夜にも使えそう。

 

氷枕

あってよかった氷枕!もう少しお世話になります。まだ頭痛は治まってないので。

 

果物、ゼリー、プリン、ヨーグルト

食欲がないけど食べられるものがこの4つ。

 

スマホ

退屈しのぎに。病んでる時に目を使うのって良くないんだろうけど。

 

乾燥機

洗濯したら乾燥までやってくれるって本当ありがたい!熱出すと汗かきますからね〜。

 

大体こんな感じでしょうか。

目新しい物はないですね。

 

インフルエンザの流行が早く収まりますように。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザだった!

高熱が続くので再受診しました。

 

検査してもらうつもりだったんですが、検査したところで発症から48時間過ぎてるからインフルエンザ薬出せない、との事。仕事休むのに必要かもしれないので、後日診断書貰いに行く事にして帰宅しました。医師の見立てではほぼインフルエンザで間違いないとの事。

 

月曜の検査では陰性だったから、1日休んで出勤するつもりだったのになぁ、と困惑。職場にその旨を伝えたらやはり困惑。やはり検査してもらうべきだったんでしょうか。

 

もしかしたら、月曜午後から火曜にかけて受診検査してたらウィルスが出てたのかもしれないなぁ、と思います。自分の間の悪さがツラさを倍増させてます(>_<)

 

それにしても、ずっと寝てるのも退屈だし、台所も洗い物が溜まっていたり洗濯物が山積みになってたりで悲惨な状態。なのに動けない情け無さ。

 

ようやくムスメが洗濯はしてくれました。オットが洗い物片付けてくれたようです。それぞれ忙しいのに、申し訳ない。

 

早く治さないと!

 

くれぐれもインフルエンザにはご注意を!

風邪の時は休むに限る

風邪ひきました。

 

時期的にもインフルエンザが疑われるので、念の為検査に行きましたが幸いシロ。

 

それにしても、熱出るし喉はヒリヒリするし身体は痛いしで、インフルエンザっぽい症状なんですけどねー。検査に行くのが早すぎて、インフルエンザウィルスが出ない場合もあるって言うし。

 

まぁ熱も微熱まで下がり、身体の痛みも取れてきたので、今日はこのまま休養してます。

 

風邪の時はとにかく休養と水分補給が大切だと思うので、昨日病院帰りに色々揃えました。

ヨーグルトやゼリーやプリン、冷たく喉越しがいいので。フルーツもいい。家にリンゴとバナナがあったから買わなかったけど。でも食欲が全く無くて、お昼うどん少し食べたきり。

 

ポカリみたいなのは、家族が風邪の時は買うけど、ワタシあまり好きじゃないので。水道水をナルゲンボトルに入れて枕元に。寝てても2時間おきに喉が乾いて目が覚めてしまうので。

 

もう少し回復したら、大好きな豆腐となめこの味噌汁を、だしきかせの薄味で作って飲みます。

 

皆さまどうぞご自愛くださいね〜‼︎

 

 

 

 

お気に入りの味噌

昔、小さい自然食品のお店で働いてました。6〜7年かな。

 

そこでマクロビオティック専門のメーカーの商品や老舗蔵元の調味料とか、色々扱っていたんですが、その店を辞めた今でも使い続けている商品がいくつかあります。

 

以前紹介した春夏秋冬だしの素

 

imoyoukantan.hatenablog.com

 

 

もそのひとつですが、もう一つの定番にしているのが、山形県の三吉麴屋の正直みそです。

 

 

どんな味?と聞かれても、「おいしいお味噌だよ!」としか言えない。お味噌ならではの塩分はもちろんあるんだけど、麴の甘味や旨味、まろやかさもしっかり感じます。「味噌です!!」と前にどんどん主張するのではなく、具材をひとまとめにする包容力があるお味噌です。とってもバランスがいい。

 

味噌汁はもちろん、色々な料理の味付けに使っても、主張し過ぎず、でも存在感はある、縁の下の力持ちみたいなお味噌です。ワタシの拙い料理もこのお味噌のおかげで助かってます。

 

他の味噌もたまに使いますが、三吉さんのが一番好きなお味噌です。

 

 

【不思議な出会いで知ったこと】へそくりは大事!

忘れもしない2013年の12月初頭。

実母の癌の手術の日。

手術が午前10時スタートと言うことで、ワタシは母の入院先の病院にいました。父は足が悪くて家で留守番、妹は抜けられない仕事でワタシ一人手術が終わるのを待っていました。

 

夕方の手術終了予定時刻を過ぎても終わる気配も無く、ぼんやりと待合室のテレビを眺めたり、持って来た本を読んでみようとしたり。すると、やはり家族が手術中という年配の女性が話しかけてきました。

 

その女性もご家族の手術が終わらず時間を持て余してたらしく、「お互い大変ねぇ」と会話が始まりました。

 

大半は他愛も無い話でしたが、年配女性が一番力説していたのが「へそくり」の話。へそくりしてたお陰で時々姉妹に会いに遠出したり旅に出たり、身近な人が病気になったり経済的に厳しい状況になった時にへそくりしてたことで少し助けることが出来たり・・・自分の自由に使えるお金を蓄えることは女性にとって何よりも大事なのよ、と。おそらく結構な額のへそくりをしていたんでしょう。女性が稼ぐといっても男性のように働くのは様々な困難があるわよね、だから「へそくり」なのよ、とも。

 

女性はへそくりの話を終えた頃ご家族の手術が終わり、「お先にね、お母さんお大事に」と言い残して去り、以後お会いすることもありませんでした。ですが、忘れられない会話となり、少しづつへそくりを作ることを考えるようになりました。

 

その会話の中で、「いい?へそくりをしていることは、絶対にご主人に知られてはダメよ」と言われたのです。「え?どうしてですか?」と聞いたら「男の人にへそくりが知れたら大体ろくなことにならないからね~」と苦笑い。ふ~ん、そんなものなのかな、ばれちゃったらテヘ☆ペロでいいんじゃないの?と思ったのを覚えています。それと、「ウチのオットに限って、妻のへそくり当てになどしないだろう」と。

 

ところが。その女性に言われたとおりになりました。

 

貯蓄習慣をつけるために始めた小銭貯金のうちは良かったんです。まずは自分へのごほうびとして1万円のショルダーバッグを購入しました。で、小銭貯金から500円貯金へ、積み立て定期も始めたり。貯まっていくのが嬉しくなって、オットにオープンにしてしまった。

 

田舎の長男であるがゆえ(昔はともかく今は分家の分家みたいな感じで普通の庶民ですが)、何かと家族の責任を果たさなければならないことばかりが降りかかり、経済的に疲弊している状態が続いていたので、協力する気ではいましたよ。

 

こんなこともあり 

imoyoukantan.hatenablog.com

 

ワタシも幾らか貯金からこの親戚の彼女に貸しました。オットが貯金の存在を知ってたから、「アイツに貸してやってくれないかな」と頼んできたわけです。以降も「家計が苦しいし、少し補填して欲しいんだけど」とか、言わないまでもそういう風に仕向けたりとか。でも、なんだかそれを当たり前のようにすることに釈然としないワタシ。これでは夫婦関係にもよろしくない・・・。

 

すっかり微々たる貯金が無くなった今、あの年配女性の言ってたことってこういうことなのかな~、と今さら分かった呑気でおバカなワタシ。オットに悪気は無いだろうけど、結局「ワタシが自由に使えるお金」、「ここぞと言うときに使えるお金」ではなくなってしまったのです。

 

再びパートを始めたわけですが、今後は本当に内緒のへそくりを作っていこうと思っています。