お気楽ミニマルライフ

ゆるくてお気楽な暮らしと雑記ブログ

【映画の感想】パッセンジャー

f:id:imoyoukantan:20190118180831j:plain

 

ここんとこ録画した映画を見てることが多いので、記録として簡単に感想を。

 

【あらすじ】

未来。5000人を乗せた宇宙船アヴァロン号は移住先の惑星へと向かって航行していた。地球から移住先に到着するまで120年。

 

乗員・乗客は冬眠ポッド内で眠っている。勿論宇宙船も自動航行。乗員乗客は、移住先に到着する数ヶ月前に目覚めるように設定されていた。

 

しかし乗客の1人、エンジニアのジムだけが何故か予定より90年も早く目覚めてしまう。

 

ジムは色々手を尽くして再び冬眠に入ろうとするもすぐに策はつきる。暇つぶしの宇宙船の娯楽施設でも遊びつくし、船内バーのアンドロイドバーテンダーだけがジムの話し相手になるが、それでもジムは孤独感を深めてゆき自暴自棄で怠惰な生活を送るようになり、自殺を考えるようになる。

 

そんなある日、ジムはとある冬眠ポッドの女性、オーロラに惹かれる。

 

オーロラは作家志望の美しい女性で、彼女のことを調べるうち、ジムはオーロラに恋をしてしまう。

 

孤独感にさいなまれるジムは、オーロラを目覚めさせたい衝動に駆られ葛藤の日々を送る。もしも彼女を目覚めさせてしまったら、彼女の人生を奪うことになるからだ。しかし悩んだ挙句、冬眠ポッドを故障させてオーロラを目覚めさせてしまう。

 

到着の90年も前に目覚めてしまったオーロラはショックを受けるが、ジムの献身的なサポートで、徐々にジムに対し心を開いてゆく。やがて2人は恋仲になるのだが、ひょんなことからオーロラの冬眠ポッドに手を加えて目覚めさせたのは他ならぬジムだという事がバレてしまい、オーロラはジムを罵倒し避けるようになる。

 

そんなさなか、アヴァロン号に大きな危機が迫るのであった・・・。

 

概ね面白かった!

 

アヴァロン号はジムが目覚めた時から既に破滅へと向かい始めていたわけだから、結果的にはジムの身勝手な行動は正解なのかも。ジム1人の力では宇宙船のシステム修復は不可能だったわけだから。

 

ただしジムに同情できるかどうかは観る人によって分かれるだろうなぁ、と思った。ワタシは「うわ身勝手ーー!けどマッチョメンのイケメンさんだから許す許す」となったが、ジムの感じる孤独感の描写が表面的なので、「いくらなんでもそりゃないだろ」と不快になる人もいるかも。で、ジムがオーロラの冬眠ポッドを故障させたことがバレるシーンがある意味一番ドキドキもんで、「あちゃーーー!!やっちゃったかーーー!!!」となったwww

 

さすが大作映画だけあって、映像が美しい。オーロラ(ジェニファー・ローレンス)が、あたかも宇宙空間で泳いでいるような錯覚を起すような宇宙船のプールで泳ぐシーンとか、ゴージャスな宇宙船内の様子とか、よく出来てるなーと感心した。

 

けどツッコミどころも結構ある。

120年も宇宙を航行するんだから宇宙船はちょっとやそっとじゃ壊れないぐらい頑丈にしといてもらわんと。冬眠ポッドのバックアップも無きに等しいってどうなのかと。まあその辺完璧じゃないから映画になるんだが。

 

純粋なSFではなく、SFを下地とした恋愛娯楽映画と思って観ればなかなか良いんじゃないかな。

 

早くも目標1つ達成

f:id:imoyoukantan:20190109180012j:plain

早くも2019年の抱負に書いた目標を1つ達成した!

 

パート勤務のミニマル化、週5日勤務を4日に減らし、時間も1日あたり1時間の短縮という事になった。昨年勤務を始めた頃の短時間勤務契約にほぼ戻った形。

 

先月始めに担当社員さんにこの件交渉しており、年末年始の繁忙期を理由に保留になっていた。ところが先日、社員さんがしれっと来月契約更新なので契約書記入して下さいと、契約書を渡してきた。なので、「社員さんワタシが先月相談した契約時間の件を保留にしたのに、忘れてたんですか〜?」ってやんわり抗議したら、あれよあれよという間に話が進んでしまったのだ。(収入が減りますけど本当にいいんですか?とか、ご家庭の事情は変わらないですか?とか色々聞かれたけど)

 

これで収入も減るし、雇用保険以外の社会保険は無くなるのだが、もういいのだ。オットにかかる負担も減るし、ワタシも仕事とプライベートのメリハリをつけやすくなる。兎に角昨年は、パート勤務に明け暮れた1年だった。仕事は嫌じゃないけど、仕事バリバリなキャラじゃないからキツかったのは事実。

 

おそらく周囲の方々には迷惑かけてしまう事になってしまうけれど、そこはもう、限られた時間の中で出来る範囲でリカバリーするしかない。というか、人手不足なら人手不足なりに、仕事内容も選択と集中でやる事やらない事を整理していくのは売り場の責任者や上の立場の人間がリードしていくもんじゃないのか?パートはせいぜい現場の声をあげていくしか出来んのよ、って思う。

 

あ、話が逸れてしまった。

もうすぐ五十路、それなりに家庭や育児や仕事をこなしてきて、ようやく子どもが大人になり、自分のこれからを考えると、パートに明け暮れ気づいたら老境に、なんて人生は避けたかった。「色々あったけど、まぁ概ね楽しい人生だったよね」って言って老境を過ごしたいんだよワタシは。

 

というわけで来月から年収103万以下のパートオバハンに返り咲く!?のであった。

 

 

 

 

2019年の抱負

今週のお題「2019年の抱負」

 

 

↑の記事、達成できたかどうかと言うと微妙だ。

 

ダイエットと見た目小ギレイ化・・・達成率40%。

ダイエット面では仕事が始まって、せっかく軌道に乗りかけた運動習慣が見事なくなってしまった。が、7kg目標で3kgは減量した。見た目小ギレイ化に関しては、これといって進捗なく。ただ、着るものと美容について以前より考えるようになった。相変わらず面倒だな、とは思うけど・・・。

 

家事をもっとシンプルに合理的に・・・達成率50%。

ヘルシオホットクックの導入で料理の心理負担がラクになった。ただし、やることやらないことをもっと整理する必要がある。週5仕事では正直家事をしっかりやる気力体力が湧かないので。

 

やりたいことにチャレンジする

放送大学・・・未達成。正直知識教養を身につけたいだけでは通信制大学は続かないと判断し断念。

一人旅・・・未達成。職場と家の往復ばかりで娯楽に乏しい1年だった。残念。

ブログ向上・・・ツラツラ雑文を書くばかりだったのに、読者さんがいてくださってありがたい限り。ブックマークなどでコメントを寄せて下さる方もいらして嬉しかったので、多少は向上したと思いたい・・・。

 

さて今年の抱負。

 

  1. 健康維持
  2. 西洋占星術に興味が出たので学ぶ
  3. よりミニマルな生活に(自分の出来る範囲で・・・家族は非ミニマルなので)
  4. パート勤務を減らす

 

1に関しては年頭からとあるスポーツを始めたので、それが健康維持のモチベーションにもなるし、健康維持そのものになりそう。

 

2に関してはもう完全な趣味の世界なんだけど、ホロスコープって面白いな、ということで今ハマっている。ある程度読めるようになりたい。

 

3。ワタシは面倒くさがりでズボラな上にキャパシティも超狭いので、ミニマルライフが非常に心地いいのだが、家族は拡大路線なので相容れない。そこを上手くやるのが課題。

 

4は散々書きまくっているので省略。

 

というわけで、今年もマイペースに生活したい。

 

etvosスターターキットを買ってみた

ワタシはノーファンデなヒトである。ファンデーション(パウダーでもリキッドでも)の使用感が好きではなく、化粧自体も面倒なので段々と使わなくなっていったのである。

 

とはいえ完全にスッピンと言うのも気が引けるので、おざなりなスキンケア後におしろいをパフパフするのがワタシにとっての「メイク」になっている。ここの所はムスメのおさがりの「エクセルクリアルーセントパウダー」を使い続けていたのだが、このパウダー、結構な量が入っており、1年以上かけてようやく使い切った。

noevirgroup.jp

 

このパウダーに特段の不満も無かったのだが、ミニマリスト界隈では定番のアイテムになっているetovosのミネラルファンデーションのスターターセットを購入してみた。石鹸で落とせるし薄付きだし、ブラシでつけるのも量の調節出来そうだし。

 

お店のテスターで試して本当に薄付きなのを確認したのでそのまま購入。

etvos.com

 

色はピンク系の明るい肌色♯20というのにしてみた。スキンケアのサンプルは帰省中のムスメに進呈した。

 

で、感想。

 

うっす!!(註:薄い)

 

いやこれホントに粉、おしろい感覚だな、と(いい意味で)。

ファンデーションと言う名称だけど、「ファンデーション塗りましたっ、化粧しましたっ」という主張が無くて、だけど程ほどにトーンアップして毛穴を目立たなくしてくれるので、ワタシのような面倒くさがりで肌に何かを塗るのがそもそもあまり好きじゃない女性陣には非常に使いやすい製品だな、と思った。

 

スキンケアしっかりして、肌の調子を整えてからミネラルファンデーションをブラシでつけたら、ちゃんとケアしてる感が出たので(自分比)、キットを使い切ったら本商品を買うことにした。肌がきれいに見えたらそれだけで色々ごまかせるので(?)、ここはケチらないでちゃんとしたのを購入しようと。

 

ただし、一緒についていた下地パウダーみたいなのは正直必要性がわからなかったので、次回購入はしない。ファンデーションだけでいいや、と。

 

ここの所美容アイテムを新たに使うことが増えているので、今度また記事にする予定。

新年!

あけましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

さて。

元旦から朝7時半出勤。疲れたーー。

そんなわけで、年末年始もあまり変わらない日常。世間の年末年始イベントほぼ無視しとる。

 

今年は健康作りのため新たに始めることがあり、昨年後半から興味を持ち始めて学ぼうと思っていることもあるので、来月以降はパート勤務をミニマルにする事にしている。

 

相変わらずゆるいミニマルライフをチマチマ追求するのも忘れない!

 

皆さまにとって今年がいい1年であります様に。

年末のご挨拶

あれよあれよという間に大晦日

 

今年はスーパーの衣料品売り場での仕事を得て、パート勤務に明け暮れた1年だった。今日も仕事、明日元旦も仕事である。文字通り仕事に明け暮れてしまった〜orz

 

来年はパート勤務もミニマルに、新たに興味を持ったことを出来る環境を作っていく1年にしたい〜‼︎

 

今年この雑文ブログにスターやブックマークをつけて下さった皆様ありがとうございます!良いお年を!

偏平足・開帳足

f:id:imoyoukantan:20181218162406j:plain

 

 足の裏のタコに悩まされた初夏から夏。

imoyoukantan.hatenablog.com

 

時々やすりで擦って皮膚科でもらったクリーム塗って・・・というカンジで凌いでたら大分気にならなくなった。

 

が!

 

どうにも足が痛い。歩くのもパタパタと小さな歩幅で年寄り臭い歩き方になっている、「タコは大分マシになったはずだけど・・・?」

と思いつつもしばし放置。整形外科の受診を勧められるも混んでるし、面倒だし。

 

けれど先日重い腰を上げて「足の裏が痛いんです」と整形外科の門を叩いた。

(ついでだから起床時の右手小指のこわばりも診てもらおうと)

 

お決まりのレントゲン撮影からの診察で、

 

「いや、ひどい偏平足!しかも開帳足もひどい!」

といって医者に見せられた1枚の紙には「偏平足」と書かれており、3枚のレントゲン写真があった。軽症、中等度、重症の写真で、ワタシは中等度の症状なんだそーだ。

「こりゃータコができて痛いわけですよ~。アーチが全然ないですよ」

と言いつつ、偏平足で起こる弊害について説明があった。

 

もんのすごくかいつまんで言うと、足裏の筋力の衰えにより、足の縦アーチ(土踏まず)と横アーチがなくなり、足の裏に魚の目やタコができて治りにくくなる、足の裏の疲れがひどく痛みを生じたり。開帳足は外反母趾の前段階でもあるらしい。

 

「あー、だから仕事終わったらものすごく疲れるわけですね・・・」と言ったら、その通りです、と。

 

「その紙に書かれている運動をして、日中はサポーターをつけて歩行して下さい。マッサージもするといいですよ」と。サポーターを自費購入して早速つけて帰宅。サポーターつけると少し歩きやすく、痛みも軽減。まだ付け始めて日が浅いから、靴下の上にサポーターをはめるひと手間がちょっぴり面倒に感じる程度で取り立てて変化は感じない。

 

サポーターを買ったはいいけど、洗いがえが必要なことに後で気がついた。足裏に当てる部分が非常に乾きにくいのだ。次回の通院でもう1つ買おう。

 

偏平足って侮れないな。

 

幅広足とは別物? 増加する開帳足について|ドクター・ショール

万年魚の目、足裏の辛〜い疲れ‥ それ、「扁平足」が原因かも!|ドクター・ショール