お気楽ミニマルライフ

ゆるくてお気楽な暮らしと雑記ブログ

床に(ほぼ)直寝をはじめた

f:id:imoyoukantan:20190718181645j:plain

床で睡眠実践者が居る事を知った時は、「そりゃーさすがにマネできんわ」と思っていたので、まさか自分が床で寝るとは思わなかった。床で寝始めて3日になる。

 

オットが床に毛布を敷いた上に寝始めたのを見て、「あ、意外と大丈夫なんだ!」と思った。オットは腰痛持ちで「マットレスの上に寝たら背中が沈み込んで腰が痛くなった・・・」と言っていたし、「硬い方がいいんだ」と、古くてあちこち破けてきてもう処分しようと言っていた敷き(煎餅)布団をかたくなに使い続け、その果てに「いっそのこともっと固い床で寝てみたらどうだろう」と考えたらしい。オットの身体には硬い寝床が合っているらしい。

 

で、ちょっと試しに床で寝てみた。

敷布団にはめていた敷きパッドを床に敷いて、その上に寝た。

 

ちゃんと眠れた!!むしろよく眠れた!

 

多分どっか痛くなって起きるだろうから、と敷布団を足元に準備したけれど、どこも痛くならず朝を迎えた。ワタシ、この頃眠りが浅くて1回か2回目覚めてしまう事もよくあったのだけれど、何の問題も無くちゃんと眠れた・・・嬉しい。(しかしそれがどうしてなのかはまだ検証していないのであしからず)

 

な~んだ。敷布団なくてもイケルかも?!

 

ただし、もう少し試行錯誤はするかも。しかし、布団の上げ下ろしが敷布団がない分、非常にラクだ。だから今の所は敷布団は手放す方向かな。オットはどうするか知らないけど。

 

 

少食な人になりたい

ワタシの体型を見た人は、多分ワタシが「食欲ない」と言っても信じないと思う。一言で言えば「デブ」。身長153cmでここ1年体重50kg台後半ウロウロしている。特に下半身のボリュームが酷い。(ちなみに4~50代女性が病気にかかりにくいと言われるBMI理想値の22.2から割り出した体重は53㎏あたり・・・なので標準値から軽度肥満スレスレ)

 

知人に4月に肋骨にヒビ入った話をしたら、「そういうキャラじゃないよねw」と言われて地味に凹んだ。でも多分逆の立場だったら、口に出して言わないまでも同じことを思うだろうな。

 

原因は、間食。

スナック菓子こそ食べなくなって久しいけれど、ストレスにかこつけて手軽に買えるスイーツだとか菓子パンを食べる悪習慣ができていた。まずこれをやめなければ。

 

そして食べ過ぎ。

日曜日はオットが夕食を作ってくれるのだが、例によって「ごぼうには食物繊維が入ってるから残さず食べろ」「アボカドにはビタミンEが」「腸内細菌の善玉が増えるからヨーグルトを食べろ」と言った具合で、もう食べきれないと言っても許してくれない。また、大量に作るため連日それらを食べ続ける。自分がその時食べたいものは後回しになるのだ。さすがに先日お腹が痛くなって訴えたら「医者へ行け」と・・・。オマエが食え食え押し付けてくるから腹が痛いんじゃーーー!!!!!

 

 

・・・というのを言葉を変えてやんわり伝えたが・・・。疲れて帰宅したら「ご飯できてるよ」と言われて嬉しいしありがたいんだけどさ・・・。いかんせん無理してお腹に詰め込むのはツライし食欲失せるんよ・・・。

 

imoyoukantan.hatenablog.com

 

 

で、先日読んだ 

絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話 「寝る・食う・動く」を整える

絶対に死ぬ私たちがこれだけは知っておきたい健康の話 「寝る・食う・動く」を整える

 

 に紹介されていたプレート法というのをやってみようかと思っている。

作者の若林先生はこれにアレンジを加えている。(こちらを参照)

もう腹痛はごめんだよ・・・。

間食もやめる・・・。どうしても甘いものを食べたい時はちゃんとしたケーキ屋とか和菓子屋でその時食べたいものを買って食べる・・・。それか、果物にしとこう・・・。

 

と考えていたら、AMAZONで注文してた本が届いて読んで「食べ過ぎてる場合じゃないよ!!」となった。

 

江戸時代の小食主義――水野南北『修身録』を読み解く

江戸時代の小食主義――水野南北『修身録』を読み解く

 

 えええーーー!!!「飲食を慎む事によって開運する」んだって!!!逆を言えば、食べ過ぎ飲み過ぎは衰運の元ってことだ。

そうか、そうなのか・・・。

江戸時代の観相学の大家までもが少食推奨しとる。

 

少食な人になろう。

最近好きな曲5選

今週のお題「わたしの好きな歌」

 

 

 

最近アメリカの学園ミュージカルドラマ「GLEE」を見てるので


GLEE Don't Stop Believin' Season 5 Full Performance Video HD

 

本家Journeyのバージョンも良いけど。

GLEEのキャスト達の歌唱力すごいね。

仕事のある日の朝、聴いて気分を盛り上げてから出かけてる。

 


The Bangles - Eternal Flame (Official Video)

 

しみじみしたい時に聴くと良い曲。

 


Queen - Somebody To Love (Official Video)

 

映画Bohemian Rhapsodyを観てからQueenをよく聴くようになった。

好きな曲は沢山あるけどどれか1曲選ぶとしたら今はこの曲が好きだなー。

 


Oasis - Don't Look Back In Anger (Official Video)

 

Oasisよく知らないんだけどこの曲何故か好き。サビの部分とギターソロの部分が特に。男女の別れを歌った曲・・・というだけではない感じもする。

 


Toto Africa Lyrics

 

何故か定期的に聴きたくなるTOTOのこの曲。何故かわからないけど。

そう言えば初めて行った洋楽のコンサートはTOTOの来日公演だったなぁ・・・。

 

殆ど80年代から90年代初めの曲だなー。あ、Queenの曲は70年代?

自分がよく音楽を聴いてた中高生時代から20代前半の曲がやっぱりいいなーとなりがち。

 

 

 

 

 

 

【毒づき記事注意】一体何様のつもりなんだろう。高圧的な客に思うこと

f:id:imoyoukantan:20190701190317j:plain

 

 

昨日の仕事でのこと。

日曜でもあるし、セール期間中なので売り場のレジは午後は客足がたえなかった。

 

 

レジが混んで来たので品出しの手を止めて、普段はあまり使わないレジを開けて、次点の客を誘導した。50代前後の男とその母親らしき2人組で、カゴ一杯に紳士用のカジュアルウェアの値下げ商品数点と、セールの目玉商品の2枚組肌着半額パックやら何やらを大量に入れていて、ミスのないよう慎重に会計しなきゃ、と少々緊張。

 

会計を終えてふと周りを見ると、他のレジもフル回転でヘルプは望めそうもない。仕方ないのでなるべく手早くパック商品を袋に詰めて、紳士用のカジュアルシャツ数点を畳む作戦に。・・・しかし衣料品売り場にいるとはいえ、ワタシは正直あまり畳むのが上手ではない。余裕があればキレイに畳めるけれど、後ろの行列を見たら時間はあまりかけられない。

 

でも努めて落ち着いて畳んでいたら・・・客の男の方が高圧的に「なあ、もうちょっと丁寧に畳んでくれよ」と言うので、申し訳ございません、やり直しさせて頂きます、と畳みなおしたのだけど。「いや、もうちょっとこう端と端をキッチリそろえて畳めよ」だの「アンタ、ヘタクソだな!」とか怒鳴り出した。言いがかりである。売り場全体がイヤ~~~な空気に包まれた。

 

「じゃあ自分で畳めば?!」と服を投げつけたくなるのをガマンして、申し訳ございません、と畳み直していたのだけど、男は何が気に入らないのか、別件でレジ内で作業していたスーツ姿の警備の社員さんに「オイ!オマエ社員だろ!ちゃんと教育しろよ!」と怒鳴り出す始末(クールに申し訳ありませんと言いつつスルーしてたけど)。男の母親は空気と化してて何も言わない。

 

すると丁度手が空いた同僚のAさんが、「いもようかんさん交代!」と現れた。「オマエはキッチリ畳めるのか!!」と叫ぶ男に、ニッコリ微笑んで「自信あります!」と言い放ったAさんから後光が差してたよ・・・。で、Aさんが畳んでワタシが袋に詰め、ようやく終わって「ありがとうございました!!」と値下がり商品でパンパンに膨らんだ袋を手渡した。(あえて「またお越し下さいませ」は言わなかったw)

 

行列もなくなりホッと一息ついてからAさんに「さっきはありがとう~!」とお礼をしたら、「いや、あの人すごいシワを気にしてたけど、袋から出したら洗いもせずに着ちゃうのかね?」と。ホントそうだよね~とみんなで言い合っていたら、とばっちり受けた警備の社員さんが「あの2人組、他の売り場でもああやって神経質に騒ぐ要注意人物なのでまた何かあったら呼んでください」と。ああ、そんな風に言われてるって事は、彼はどこでも他人に対して過剰な要求をして嫌われてるんだろうな。死んだ後も「ヤレヤレ、やっと逝ってくれた」って身近な人に思われちゃうタイプ。

 

それにしても、プロパーの商品を沢山購入するとか高額商品ならまだしも、いい年して一緒に居る高齢のお母さんにお金を払わせて、赤札商品のみ大量買いしているようなうだつの上がらない男に高圧的に怒鳴られてビックリしちゃったよ。

 

接客をしているとかなりの確率で、他人に過剰な要求を平気でする、想像力の欠如した人間に出くわすけれど、ああはなりたくないものだ。ちゃんと想像力を働かせることが出来る人間でありたい・・・。

 

 

終活とかじゃないけど、人生の終わりの事を考えてる

5月6月は亡くなった舅と義弟の命日があるので、亡くなった時の事などを思い出す。

 

正直、田舎のお葬式ってホント大変だった。もうあんなのゴメンだと思っている。

自宅で通夜、葬儀というのが当たり前の地域。

親戚がどんどん口出ししてくる。親切心なのはわかるけど。

近所の人がどんどん上がり込んできて、ただでさえ勝手のわからないオットの実家を掃除したり料理作ったりする・・・。

やれ花はどうだ、遺影はどれがいいか、祭壇の大きさは・・・から始まって、お供物の準備やら、参列者への精進落としがどうのとか、お香典の管理はどうするかとか・・・。疲れ切ってしまった。

 

義弟の時は、障がいがあったので施設や病院に居る事が殆どで友人知人もほぼおらず、オットは近親者のみで直葬のつもりでいた。舅や姑みたいに葬儀費用も残せなかったので、残った兄弟間でお金を出し合って小さく家族のみで見送ろう、と。ところが親戚が葬儀ぐらいちゃんとやらなきゃダメだと騒ぎ、結局それに押し切られ、通常の葬儀を行った。もちろん参列者はほぼ親戚のみ、という感じで。しかもオットの兄弟はオットに葬儀費用を押し付けて知らん顔。いやぁ、この時ばかりは思った。「田舎の長男坊なんかと結婚するもんじゃないな」って。(ザ・庶民なんだけどね・・・しかも経済的にゆとりなんかないんだけどね・・・)

 

ワタシは自分が死んだら葬式なんかしなくていいと思っている。

火葬する前の読経とかも必要ない(だって自分には聞こえないしw)。

「はい、おつかれさん」って言って、さくっと火葬してくれればいいと思っている。

 

ついでに墓も要らない。

たまに思い出した時にでも偲んでくれたらそれでいい。遺骨はどっかの共同永代供養墓にでも入れてくれればいい。あるいは散骨。墓なんて管理するの大変だしね。勿論遺族が必要だと思えば建立してくれてもいいんだけど、今のこのご時勢、墓なんて負担だしね・・・。

脂肪燃焼スープが常備菜として秀逸

脂肪燃焼スープをご存知だろうか。

ダイエット食の1つで、このスープを軸とした1週間プログラムみたいなのもある。

 随分昔に読んで作ったのはコレ。

(タイトルがアヤシゲ・・・)

毒出し脂肪燃焼ダイエットスープ―食べれば食べるほどやせられる (セレクトBOOKS)

毒出し脂肪燃焼ダイエットスープ―食べれば食べるほどやせられる (セレクトBOOKS)

 

 

このスープで痩せるよ、とか毒が出てるよとは言えない(1週間プログラムをやってないから)。けどこのスープは確かに美味しく作ってみる価値はある。わかりやすくパンチの効いた美味しさではなくて、優しい野菜の旨みで飽きの来ない味。薄味ミネストローネみたいな。とは言え、何日も続くとさすがに「今日もコレ」感が否めないので目先の味をアレンジするのだが。 それと、この本のレシピどおりに作ると大量に出来てしまうのだが、MAX1週間ほど食べ続けることを見越した量のようだ。

 

材料

  • 大き目のたまねぎ3個
  • セロリ1本
  • キャベツ半玉
  • にんじん1本
  • 大き目のトマト3個、あるいは代用として400gトマト缶1個
  • ピーマン1個
  • かつお節10g
  • 鶏がらスープのもと小さじ1
  • 昆布5g
  • 塩少々
  • 生姜一片
  • 水2~3リットル

材料切って柔らかくなるまで煮込むだけ。

 

この所野菜不足を感じており、久々にこのスープを作ったのだけれど、コレは普段作っておくとなかなかいいんでない?と思った。野菜はタップリ摂れるし、調味料やスパイス足してアレンジすれば数日食べ続けられるし、美味しいし。

 

 

昨日はスープジャーにこのスープを入れて、おにぎりとともに職場に持参した。社員食堂の定食がいくら良心的価格とは言っても、連日だと飽きるしね・・・。ちょっと荷物にはなるけど、このスープを作ったらこんな風に職場にも持って行こうと思う。

 

夕食にももちろん良い。汁物が作ってあると帰宅して夕食の支度をする時に心強いし段取りもしやすいしね。

 

1つのモノをひたすら使い続けるということは。

f:id:imoyoukantan:20190611151254j:plain

今回のこのタイトル、まさにワタシのことである。

 

物事には全てメリットデメリットあるが、1つのモノを劣化するまでひたすら使い続けるのもまた然りである。選択の余地がなく「今日はどれにしようかな~」と考えずに済むのは面倒くさがりには大変良い反面、イレギュラーなことが起こるとちょっと困る。この「ちょっと」がクセ者で、「ま、いっか」と判断を先延ばしにしてしまい後々余計面倒なことになるのだ。

 

さて昨日は関東地方は1日本降りの雨が続いたわけだが、所用があり出かける羽目になった。銀行と郵便局と買い物。

 

ワタシは今靴を1足しか持っていない。

あ、冠婚葬祭用の黒パンプスと、習い事で使っているスニーカーと、職場にスニーカーパンプスを置いてあるから厳密には4足あるんだけど、普段はひたすら1足のスニーカーを履いている。で、もう書かなくてもお分かりかと思うんだけど、昨日そのスニーカーを履いて出かけて案の定グッショリ濡れて水がしみこんで不快な思いで帰宅した。これが「ちょっと困る」事。

 

んで、今日もこれから出かけるのだけれど(オットが着なくなったシャツをまとめて出してくれたので、市の回収施設に持ち込むのだ~★)、差しあたって昨日のうちに新聞紙を丸めてスニーカーに突っ込んでおいて、今朝ドライヤーで乾かして事なきを得た。・・・しかしこれから梅雨本番。こんなことしょっちゅうやるのは面倒だ。これが「後々余計面倒なことになる」という事である。

 

随分この件をなあなあで済ませてきてしまったのだが、今回は考えた。

 

  1. 諦めてレインブーツを買う
  2. 同じスニーカーを2足ないし3足買って履きまわす
  3. 1と2の折衷案(レインブーツ1足、スニーカー2足)

 

現実的には3が有力。

雨が酷かろうが大雪が降ろうが、基本開店するのがスーパーという所なので、通勤のためにレインブーツはあった方が良い。しかし正直悪天候の日にしか使わないモノを持つのがちょっとイヤ。

個人的には2が良いんだけど、悪天候の日の後処理がどうしても発生するしね・・・。

 

仕方ない。勤務先にて社割でレインブーツ買おう・・・。